素敵な時間を、LEVINと共に。

日々の中で見つけた素敵な出会いを大切にしたいと思っています。

Entries

お父さんは素敵なシェフ!

週末の土曜日、友人と食事に出かけました。

この友人は、夫がケニアからローマに研修にきたとき、お世話になった方です。2006年12月にローマに転勤してきたとき、事前に連絡せずに突然ご自宅にお伺いしました。

インターフォン越しにこちらの名前を言うと、一瞬の沈黙のあと、「え?ほんと?本当に○○なの?」と言われ、「まぁ、最高のクリスマスプレゼントだわ!」と、初対面の私をも優しく迎えてくれました。
乳がんを患って・・・ということを話すと、いろいろと手助けをしてくださいました。でもその後お互いに都合が合わなくて、約3年ほど会えませんでした。

でも気持ちって通じるものですね。この週末にでもお呼びしようかと夫と話していると、「一緒にお食事でもどう?」とお誘いがありました。それで土曜日にご自宅へお伺いすると、「昨日会ったばかりのような気分だわ!」とこれまた嬉しいお迎えでした。私達も全く同感でした。相手を思う気持ちが、3年という時間を感じさせないんですね。

お互いの顔を見ると、ほんと、昨日会ったばかりで何も変わりないように思いましたが、実はいろいろなことが起こっていました。
一番大きな事は、肺がんが見つかったとのこと。それも進行していると・・・。

もちろん他人には言えないつらいこともあると思いますが、「これは生活を変えなきゃ!」と強く思ったそうです。自分が本当にしたいこと、好きなことをしようと。

そしてできあがったのが、この本です。タイトルは「お父さんは素敵なシェフ!」です。

P1090316.jpg

イタリア中から15軒のレストランシェフが紹介されていて、土曜日にはその中の一軒へ行きました。この写真のシェフの方のお店です。

たぶん、いつもは厳しい顔でお仕事をされているであろうお父さんですが、お子さま達がそばにいて嬉しいような恥ずかしいような、でも嬉しいほうが強いかな?そんな気持ちがこちらに伝わってくるような写真です。

P1090318.jpg

レシピの紹介もあります。

P1090319.jpg

お子さま達が描いたお父さんの顔もありました。
この女の子は6歳ですが、絵とお父さんの顔はそっくり!

P1090322.jpg

いただいたメニューです。

P10903091.jpg     P10903101.jpg

P10903121.jpg      P10903131.jpg

彼女とパートナーの方、そして大学生のお嬢さまとのおしゃべりは尽きず、気がついたら日にちが変わっていました。
2月にまた会う約束をして別れました。

私より1歳若いのですが、肌もきれいだったし、何よりも輝いていました。とても病気を抱えているようには見えませんでした。病気を受け入れて、その上で自分にできることを探した彼女。そしてそれを見つけた彼女。
その表情には幸せが満ち溢れていました。

私も負けてはいられない、そう思った夜でした。

スポンサーサイト



Comment

 

そうでしたか。・・・病気が進行・・・。しかし前向きに・・・そうですね。頑張るしかありません。前向きに。とても素敵なご本のようですね。お料理もおいしそうです。海の幸のように見えますが・・・。
  • posted by roserobeさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.01 09:03 

 

まずは↓LEVINくんお誕生日おめでとう~。
ゆんこちゃんやお父さんにとって大事な家族なのが伝わってきます。

本日の「お父さんはシェフ」とっても素敵な本ですね?笑顔のお父さん。お父さんの側の子供たちの笑顔。なーんか世界中同じなんですよね?
ゆんこちゃんのお友達の生き方にもとっても共感しました。きっと素敵な方なんだろうね?
ゆんこちゃんそんな方と人生共に生きられて幸せじゃね?
  • posted by はりねずみさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.01 09:10 

生活を充実 

   ゆんこさん

外国で近くに友人がおられるの、とてもお互い信頼できますよね、
ガンが進行してる、聞かれてどんなに辛かったでしょう、
友人さん、生活を充実させようと頑張られてる姿、素晴らしく、見習いたいです。。
料理写真、仄かにガーリックの匂い、フランベされてる様子が感じさせられ、美味しいゾ
  • posted by しろさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.01 10:46 

 

ガンという病気の方が本当に多いこと・・・病気って会っただけではわからないけれど~毎日病気と闘っている方にエールを送ります。

お父さんの仕事をする姿を知ることは子供にとって幸せなことですね。親を尊敬するって当たり前なのに、出来ない子供も多いと思います。
  • posted by ミリわんさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.01 10:56 

素敵な本ですね・・・☆ 

お父さんと子どもの写真、こどもが書いた絵、そして本に載っているレストランでのお食事・・・すべてがとても愛情にあふれていて、素敵です☆
お友達はガンを患われた中で、素晴らしいものを生み出されたのですね。
あたたかい気持ちになりました。私もがんばろうって思えました。ゆんこさん、ありがとう。
  • posted by vivimamaさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.01 11:40 

こんにちは 

ここで申し訳ないですけど、
LEVINくん、お誕生日おめでとうございます^^
↓のLEVINくんの歴史、どれもいい写真ですね。
わんちゃんも、いろんな表情するんだなって、伝わってきました。

「お父さんは素敵なシェフ」、いい本ですね。
お父さんの表情もとってもいい表情で、心がなごみます。驚いたのが、子供さんが描いた似顔絵。
やっぱり日本とは感覚が違うというか、イタリア的というか、何かが違う!!

お友達、強い方ですね。
病気が良い方向へ向かうことをお祈りしてます。
  • posted by pippyさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.01 12:44 

 

素敵な本を作られたんですね!
ガンだけではなく、どんな病気でも、それを受け入れ共に生きている人は強くて美しいですね。
私も、多くの病気を経験しましたが…受け入れる事が大変でした。
今でも、ともに生きてるとは言えないかも?
  • posted by さくらママさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.01 15:56 

 

v-238 こんばんわぁ。

この方達とのお食事で1時のご帰宅になったんですね。
癌は 私とは違い 再発の危機感を いつも抱えているんですよね。
ゆんこさんや はーにゃさんは いつも前向きで 素敵な行き方をされていると思います。
この方も きっと克服されて 頑張られると思います。

子供にお父さんの仕事をしている姿を見せる事は とても大事な事だと思いますよ。
うちの長女は 1年生の時 おとうさんは きこりだと社会科の時間に 発表しました。
???。。岡山県に住んでいる頃 夫が 手作りの木工品を よく作っていました。
それが 長女から見たら きこりだったのですよ。
  • posted by はーとさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.01 18:38 

 

↑ おとうさんは「きこり」!
かわいいですねぇ。

ご友人の進行癌には驚かれたことでしょうね。
でも、悔いのない素晴らしい行きかたをされている、、、。
本当に見習わなければなりませんね。

癌があっても、別な病気があっても、
大事なのは前向きに精一杯生きたか、、、なのでしょうね。
アジャアジャファイティン~!!v-42
  • posted by はーにゃさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.01 19:59 

 

来ちゃいました!初めまして。。

大変な悩みを持った2人とは思えぬ前向きな姿勢ですね!
すごく少女じみたこと言っていいですかぁ~
なんだかね、アンとダイアナが会話しているみたいに思えたの。。
やっぱりローマの空気のせいかなぁ~
プリンスエドワード島じゃないけれどね。。

私のお友達にパピヨンちゃんが4頭も居てるのよん!
はい、質問!?レストランには、デッカイわんこも入れるの?
  • posted by ふくママ=のこママさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.02 00:17 

roserobeさんへお返事 

ここは海沿いのレストランです。これまでにもシーフード専門のお店へ行っていましたが、さすがにここは一押しでした。roserobeさんが来られたときにはお連れしますね。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.02 18:26 

はりねずみさんへお返事 

LEVINへのお祝いの言葉をありがとうございます。
親ばか満載の記事でしたね。お許しください・・・。

友人のこれまでの人生は本に書けるくらいいろいろなことがありました。その上に病気まで!と思いましたが、彼女の表情や言葉から、それを憂う雰囲気は感じられませんでした。
今が一番充実している、と言っていましたよ。決して強がりには聞こえませんでした。
私も付いて行こうと思いましたよ。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.02 18:30 

しろさんへお返事 

久しぶりの再会でしたので、ひとしきり私の体調のことを聞かれ、以前は三カ月ごとに、今は半年ごとに検査のために日本へ行っていると言うと、「それは大変ね」ととても気遣ってくれました。
そして自分のことは、何かの話のついでにさらっと言われたので、最初は耳を疑いました。きっと私達にも言えないくらいつらい時期もあったでしょうし、今でも化学療法を続けているので体調の悪い日もあるでしょうが、何よりも生きるパワーを感じましたので、それ以上は深く聞けませんでした。

お料理は、月並みな言葉ですが、とてもおいしかったです。新鮮な海の幸でした!
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.02 18:34 

ミリわんさんへお返事 

自分が乳がんになってから、ほんとまわりに「ガン友達」が増えました。
そして、人ってそれぞれにつらい部分を持って生きているのだなと改めて思いました。それがあるからこそ、明日に希望が持てるのかなぁ・・・なんて、ちょっとおセンチなことを考えましたよ。

この本の中に紹介されているあるシェフのお子さんは、この写真を撮るまでキッチンに入ったことがなかったそうです。それが写真を撮ったあと、「私もシェフになる!」と宣言したそうです。お父さんはどんなに嬉しかったでしょうね。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.02 18:37 

vivimamaさんへお返事 

この本の企画、取材、執筆は全て彼女がされたそうです。イタリア全国を回って、本に掲載するレストランを決めるまでにはずいぶん歩きまわったとか。それらは病気がわかってから始めたようで、そのバイタリティには頭が下がります。
vivimamaさんは感受性が豊かな方なんですね。コメントを読んでいて、私までなんだか暖かい気持ちになりました。こちらこそありがとうございました。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.02 18:41 

pippyさんへお返事 

LEVINにお祝いの言葉をありがとうございます。
pippyさんのところの極悪猫ちゃん、アノンちゃん、他にも何かいましたっけ?、みなさんもきっと表情が豊かなことと思います。だってpippyさんのお子さまだもん!

絵がかわいいでしょ?特にこのお父さんの頭の特徴をよくつかんでいるなぁと思いました。
6歳だけどしっかりしていますよね。
友人とは今月にまた別のレストランへ一緒に行く約束をしました。楽しみです。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.02 18:43 

さくらママさんへお返事 

彼女はここには書けないほど、これまでの人生にはいろいろなことがありました。
だからこの病気も彼女にとっては一つの通過点なのかもしれません。
私は自分の病気は割とあっさりと受け入れました。一時帰国中の告知でしたので、嘆き悲しむ時間がもったいなかったということもありますが、かえってそれが良かったと思っています。
さくらママさんもおつらい時期を過ごされたのですね。今はいかがですか?
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.02 18:46 

はーとさんへお返事 

こちらは食事を始める時間が遅いんですよ。だいたい夜の9時です・・・。
気がついたらレストランには私達しかいませんでしたが、レストランのシェフは彼女のことをとても大切に思っているようで、ずっとにこにこしていらっしゃいました。それも嬉しかったです。

はーとさんのご主人がきこり!その発表を聞かれたときのはーとさんの反応は?
一時子どもにお父さんの仕事を見せる、という企画が流行りましたね。企業がお子様を会社に招待したりして。ほんと、大事なことだと思います。私の父は普通の事務職でしたので、会社に行ってもおもしろくありませんでしたが・・・。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.02 18:51 

はーにゃさんへお返事 

ほんと、はーとさんのお嬢様の発言、かわいいですね。そういう時代もあったと・・・。

友人はさらっと自分の病気のことを話されたので、どうかすると聞き逃してしまいそうでした。
一つ面白かったのは、彼女も病気になってから犬を迎えていました。初めての犬だと言っていました。私と一緒です。
犬のためにも生きないといけないって。
同感でした。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.02 18:54 

ふくママ=のこママさんへお返事 

ふくママ=のこママさん、ようこそいらっしゃいました。
私達のこと、赤毛のアンと友人のダイアナのように思ってくださったんですね!赤毛のアン、あれは自分のことだと思って読んでいたので、とても嬉しいです。そうですね、彼女はダイアナですね。性格的にも・・・と、すでに自分がアンになった気分です・・・。(笑)

こちらは大型犬が主流なので、大きなワンちゃんでもレストランに入れますよ。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2010.02.02 18:58 
.

Comment_form

 こちらをチェックされたコメントは公開しません。

左サイドMenu

ゆんこです

ゆんこ 描:ゆっきぃさん

帰国子女ならぬ、帰国おばさんです。
人との出会い、時間を大切に過ごしたいと思っています。

LEVINとANRIでしゅ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

作:ちぃたんさん

LEVINは2008年1月31日、144gで生まれたパピヨンの男の子でしゅ。

ANRIは2019年11月16日、100gで生まれたパピヨンの男の子でしゅ。
上のLEVINの写真をクリックすると、「にほんブログ村、犬ブログ、パピヨン」部門の今の順位がわかるよ!

素敵な時間を、LEVINと共に。 - にほんブログ村

wish and with you japan

with you japan small full black

カレンダー

<07 | 2021/08 | 09>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

世界の国からこんにちは

世界の国からご訪問ありがとうございます。
ブログを始めたのは2008年3月12日ですが、この「Visitors」は2009年9月4日に設置しました。
free counters

にほんブログ村のランキングです

みなさまの1クリックでランキングが上がります。 毎日たくさんの応援をありがとうございます。

かわいいブログパーツです

Private

右サイドメニュー