素敵な時間を、LEVINと共に。

日々の中で見つけた素敵な出会いを大切にしたいと思っています。

Entries

プロの味に触れて

昨日、イタリア料理教室に参加してきました。

昨日のメニューは、イタリアのクリスマスのポピュラーなお料理でした。

スパゲティ・アッラ・プッタネスカ (2通りの作り方で)
仔羊のローストとコトレット
フィオーリディズッカのフリット

家へ戻ってから写真を見ると、プッタネスカは下準備も出来上がりも写真を撮っていませんでした。
今まで自己流で作っていたのとは大違いでした。これはすぐに作れそうなので、「プッタネスカを作りました!」というタイトルでご紹介しますね。
と言ってもいつになるかわからないので、気長にお待ちくださいませ・・・。

まずは仔羊の下準備です。

P1080564.jpg

イタリアの仔羊は小さくて、5~6kgだそうです。そしてお母さんのミルクと少しの草しか食べていないので、臭みがないそうです。国によっては体重が20kgくらいある大きさのものでも仔羊として売られているとか。
と言うことは、イタリアのは生まれてそれほど日にちが経っていないのを食用にしているのですね。そう思うと可愛そう・・・おいしく食べてあげないといけませんね・・・。

肉に切り込みを入れてニンニクやローズマリー、そして脂肪分の補給としてパンチェッタ(スモークしていないベーコン)を挟み込みます。
そういうことをすると、なんだかプロのような気がしてきますね。ポイント1

バットにたっぷりのオリーブオイルを敷き、お肉を載せます。

P1080567.jpg

このあと形を丸く整えます。こうすることにより旨味が逃げないそうです。ここにもプロのひと手間が!ポイント2
この後オーブンで焼きます。

P1080568 1

こちらは仔羊のコトレット用のお肉です。

P1080566.jpg

これに小麦粉をまぶして・・・。

P1080585.jpg

卵にくぐらせてパン粉をつけます。こちらのパン粉は粉のようにさらさらです。

卵とパン粉は二度付けするのが普通らしいですが、その意味は「大きくみせるため」だとか・・・。
○国料理のお店では五度付けしているところがあるそうです。jumee☆faceA109

昨日は「一度付け」でした。

P1080586.jpg

続いてフィオーリディズッカの下準備です。
これはズッキーニのお花です。お花がついたままのズッキーニも売られていますが、お花を大きく育てるために実がならないように栽培されているものを使います。

確かに茎の部分が長いです。お花がついたままのズッキーニは、実の部分に直接お花がついています。

P1080573.jpg

花びらを開いて、めしべやおしべがついたままの状態で、モッツァレッラチーズとアンチョビを詰めます。

P1080576.jpg

詰め終わったら花びらをねじって口を閉めます。

P1080580.jpg

これに直接揚げ衣をつけるとたくさんついてしまうので、その前に粉をふるいかけておきます。
これもプロのひと手間ですね。ポイント3

P1080581.jpg

天ぷらと同じで、揚げ衣は冷たく冷やしておくそうです。そうするとカリッ揚がります。
揚げたてをいただきました。外側はカリッ、中から熱々のモッツァレッラチーズがドロッとでてきて、アンチョビのほどよい塩味とで、いくつでも食べられそうでした。

仔羊のローストは本当に癖がなく、内臓までおいしくいただけました。

P1080592.jpg

仔羊のコトレットも香ばしく揚がりました。

P1080591.jpg

昔は仔羊は年に一回、春に出産をするので、イースターのお料理だったそうです。
それが今では品種が改良されて年に二回出産するようになったので、クリスマスにも食べられるようになったとか。

お料理教室を開いてくださっているところは、レストランです。
実習を終えて厨房から出てくると、すでに大勢のお客様が席についてランチをいただいていました。

試食が終わったら、レストランメニューの中のデザートをいただきました。自家製のプリンですが、スプーンをこういうふうに突き刺して出されました。
運んでいる途中にスプーンを落とさない工夫だそうです。これもプロのひと手間?ポイント4はてな

P1080596.jpg

分量についてはとてもアバウトでした。
だから見た感じで、今のはカップ1杯くらいかな?大さじ2杯くらいかな?と適当にノートに記入していました。
でも他の方は「今のは何グラムですか?」と細かく質問されていて、だから私はお料理の腕が上がらないんだなぁと反省しました・・・。反省汗

12月もクリスマス料理だそうです。どんなお料理なのか今から楽しみです。
スポンサーサイト



Comment

 

おお~!なんか本格的イタリアンてかんじです!
もじゃQPがこれを見たら小躍りするだろうなあ(笑)  
なにしろイタリア料理大好きだから。
ローストは大きなオーブンがないと作れなそうですね。
子羊・・・うう・・(T_T)でも、私、実は牛肉よりラムのほうが美味しいと思ってます。

ゆんこさんはお料理上手だと思います。
なぜなら、
カップ1とか大さじ2とかやってるうちはまだまだヒヨコっすね 談:横浜在住主婦A子さん

プッタネスカのレシピ楽しみにしてます~♪ 談:横浜在住もじゃQPさん
  • posted by pippyさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2009.11.21 10:59 

 

うわ~、本格的なお料理で初めて見るものばかりです。
ズッキーニのお花も初めて見ました。
食べられるんですね。
ゆんこさんはお料理教室で習ったものをちゃんと
お家で作ってみるんですよね。
私はお料理教室で習ったものを家で作ったこと
ありません(若いころチョット通ったことがあります。)
だから未だにお料理がダメなんだな~(涙)

ブッタネスカも初耳・・・どんなのだろう楽しみにしてますね。
  • posted by leonmamaさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2009.11.21 18:24 

 

こんばんわぁv-238

本格的な イタリア料理ですね。
何だか 大変そう・・・
唯一 フィオーリディズッカ・・・ズッキーニの揚げたのだけは 私にも作れそうですぅ。

プリンのスプーンはえっ~~そんなのありって感じですよ。ねぇ^~^v-273
  • posted by はーとさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2009.11.21 18:46 

 

ズッキーニのお花を天ぷらにして食べたことはあるんですが、チーズとアンチョビを詰めて揚げるとは!美味しそうですね~。

ゆんこさん、帰国したら「イタリア家庭料理教室」、開けますね!^m^
  • posted by はーにゃさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2009.11.21 22:53 

 

ズッキーニって美味しいので、お花も美味しいでしょうねえ。
こちらでは定番じゃないので、デパ地下の八百屋さんじゃないとお花は売っていないでしょう。
どんな味なんでしょうか?

私、羊ちゃん食べられないのですが、そんなに臭みがないのでしょうか?
ニュージーランドでまったくお肉が食べられず、ジンギスカンはだめだし・・・・。
そんな私でも食べられますか?

お料理教室に通うなんて、素敵ですね。
私もこんな年ですけれど、憧れます・・・・。

12月の料理にも期待しています!
  • posted by tomorin。さんちゃんくん 
  • URL 
  • 2009.11.22 16:27 

pippyさんへお返事 

もじゃQPさんはイタリア料理がお好きなんですね。これらのお料理はどれも簡単そう(!)でしたから、ぜひ作ってあげてください。お二人でしたらお肉の量も少なくていいと思うので、お持ちのオーブンで十分だと思いますよ。
私もラムはあまり食べたことがないですが、臭みがなくてやわらかくておいしいですね。

私はお料理はダメですねぇ。特に分量を図ったり、「ここまで火を通したら、一度バットに広げて・・・」なんてことになると、「や~めた!」となります。
一度お鍋に入れたら、出来上がるまで出したくない・・・困ったものです。
プッタネスカ、近々作る予定なので、お楽しみに!!
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2009.11.23 16:54 

leonmamaさんへお返事 

習ったもの、全部は作りませ~ん・・・。
「これはできそう、これは無理、これは作らない」と自分の中で区分けしています。

プッタネスカは日本では「娼婦風パスタ」とかいう名前になっていることがありますので、きっとお口にされたことがあると思いますよ。
材料が好きなものばかりなので、これまでも自己流で作っていましたが、さすがにプロの作り方は違っていました。近い内に作りますね。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2009.11.23 16:56 

はーとさんへお返事 

ズッキーニのお花は油を吸うので、こうやって粉をつけて揚げるのが一番良さそうです。以前塩をしてフライパンで炒めてみたら、くったくたになってしまいました・・・。

プリンだけじゃなくて、他の人がいただいていたケーキにもスプーンが突き刺さっていました。
たぶんこのお店だけの習慣だと思います・・・。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2009.11.23 16:58 

はーにゃさんへお返事 

ズッキーニのお花にチーズを詰めたのは食べたことがありますが、アンチョビが入ることにより適度な塩味がついて、美味しかったです。ぜひ「一度付け」で揚げてみてください。
はーにゃさんもご存じの通り、私のお料理は「なんちゃって」が多いので、お料理教室なんてとても開けませんよ。せいぜいプリーンにスプーンを突き刺すくらい?
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2009.11.23 17:00 

tomorin。さんへお返事 

ズッキーニのお花は、特にこれといった特徴的なお味はありません。癖のない野菜の味?
仔羊も癖がなくて、やわらかくておいしかったですよ。私も初めて食べるときはちょっとドキドキしましたが、コレステロールも少なくて健康的な食べ物だそうです。
日本でも簡単に手に入りますか?

私はtomorin。さんのブログ上のお料理教室にも通っている気持ちでいます!
いつも楽しみにしていますよ。これからもよろしくお願いします!!
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2009.11.23 17:03 

 

料理教室楽しかったでしょう。
大好きなメニュー 子羊のローストと
ズッカディフィオーリのフライだったに
とても残念です。
あそこのプリンもおいしいですよね~。
ゆんこさんの写真入り レシピ
すごく参考になりました。
ありがとうございました。
  • posted by わすれな草さんちゃんくん 
  • URL 
  • 2009.12.03 20:12 

わすれな草さんへお返事 

そうそう、お休みされていましたね。
仔羊のローストは、あまり身がついていないところをいただいたので、味がもう一つわかりませんでした。コトレットのほうがいいなぁと思いましたよ。
またご一緒できるといいですね。でもたぶん次回は私がバザーのために欠席になりそうです。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2009.12.04 08:17 
.

Comment_form

 こちらをチェックされたコメントは公開しません。

左サイドMenu

ゆんこです

ゆんこ 描:ゆっきぃさん

帰国子女ならぬ、帰国おばさんです。
人との出会い、時間を大切に過ごしたいと思っています。

LEVINとANRIでしゅ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

作:ちぃたんさん

LEVINは2008年1月31日、144gで生まれたパピヨンの男の子でしゅ。

ANRIは2019年11月16日、100gで生まれたパピヨンの男の子でしゅ。
上のLEVINの写真をクリックすると、「にほんブログ村、犬ブログ、パピヨン」部門の今の順位がわかるよ!

素敵な時間を、LEVINと共に。 - にほんブログ村

wish and with you japan

with you japan small full black

カレンダー

<07 | 2021/08 | 09>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

世界の国からこんにちは

世界の国からご訪問ありがとうございます。
ブログを始めたのは2008年3月12日ですが、この「Visitors」は2009年9月4日に設置しました。
free counters

にほんブログ村のランキングです

みなさまの1クリックでランキングが上がります。 毎日たくさんの応援をありがとうございます。

かわいいブログパーツです

Private

右サイドメニュー