素敵な時間を、LEVINと共に。

日々の中で見つけた素敵な出会いを大切にしたいと思っています。

Entries

「想い出のランドセルギフト」というプロジェクトに参加しました

昨日は日本の子どもたちと6年間過ごしたランドセルを、アフガニスタンの子どもたちに送るという活動に参加してきました。

企業が社員から集めたものや・・・。

DSC_0216.jpg

個人から送られてきたものまで、今回集まったランドセルは12.000個!

DSC_0222.jpg

テレビではカラフルなランドセルを目にしますが、この写真のような水色やピンク色などは少数派でした。

DSC_0221.jpg

活動の合間に、アフガニスタンの子どもたちへランドセルを渡したときの様子の映像を観ました。

男の子だから黒、女の子だから赤というように色が決められることはなく、みんな自分には何色のランドセルがくるのかをわくわくしながら待っているようでした。
そしてランドセルを手にするとみんな早く家族に見せたいようで、走って家に帰る様子も写っていました。

また、ちゃんとした校舎がない学校では、このランドセルを地面に置いて机替わりにも使っていました。

DSC_0223.jpg

作業の手順は、

① 箱からランドセルを出す
② ランドセルに豚革が使用されていないか、明らかにキリスト教とわかるマークが付いていないか。
  今後数年の仕様に耐えられるかを確認する
③ ランドセルの一部に学用品を詰める
④ 箱にランドセルを6個ずつ入れる
⑤ ランドセルが詰まった箱を積み上げる
⑥ 文房具を仕分ける

です。

アフガニスタンはイスラム教の国なので②の作業が重要なのです。

この日集まったボランティアは120名で、それを6班に分けての活動でした。
私は最初は②班で検品作業をしていましたが、途中から④班に移動しました。

33028819_244538376097288_4182871166425235456_n.jpg

何が大変だったかって、ランドセルの蓋を閉める作業が面倒でした。

今回初めて知ったのですが、ランドセルのメーカーは違っても、蓋を留める金具はどこも共通なんですね。
蓋に付いている金具をカチット合わせるとカチャって金具が閉まるんですよ。

special08_01.jpg

段ボールに6個ずつ詰めました。

DSC_0224.jpg

ランドセルの寄贈をするとき、新品の文房具があればそれも入れてくださいとお願いしたそうです。

鉛筆が1本だけ入っているものもあれば、ランドセルの中いっぱいにノートやクレヨン、鉛筆などが入っているものもありました。

DSC_0225.jpg

また、英語で書かれたお手紙も!

過去にはそのランドセルを使っていた子どもの写真が入っていたのもあったそうです。
それを受け取ったアフガニスタンの子どもは、いつかその子どもに会いたいと言ったとか。

DSC_0227 1

このプロジェクトはジョイセフというNGOが2004年から始めた活動です。

ジョイセフによると、このランドセルを贈るという活動は、貧困のために子どもを学校に通わせなかった親たちに、日本から贈られたランドセルを背負って学校に通う子どもたちを見て「うちの子にも」という気持ちが芽生えるきっかけになるそうです。
また、ランドセルを男女に平等に配ることで「女の子も男の子と同じように学校へ通うのが当たり前」という考えが地域で根づき始めているとか。

今回はその主旨に賛同した日テレがテレビ番組で紹介したおかげで、過去最大のボランティアが集まったそうです。
場所は横浜でありましたが、名古屋や茨城など遠くから駆け付けた方もいらっしゃいました。

元なでしこジャパンの丸山桂里奈さんが来られていました。(星の模様のシャツを着た方)

DSC_0229.jpg

一日の作業で集まっていた12,000個すべてを箱に詰めることはできませんでしたが、8700個詰めたそうです。

これらは今月中に日本の港を出て、パキスタン経由でアフガニスタンに届けられるそうです。

DSC_0234.jpg

文字通り額から汗を流しての作業でしたが、終わってみると達成感でいっぱいでした。

また秋ごろに同じ活動をするそうです。
要領がわかったので、また参加しようと思っています。

33020576_212154566181125_3215462746875232256_n.jpg

LEVINでしゅ。

と言うわけで、今日は僕の出番はないでしゅ。
でも応援のポチはしてってね♪


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

Comment

 

おはようございます。
ランドセル またアフガニスタンで子供たちのまた親御さんたちの希望の道へとつながりますね。
皆さんの喜びがきっと遠く離れた日本にきっと届くことでしょう。
ご苦労様でした。
私は孫たちのサイズが合わなくなった靴をアフリカの子供たちに送るプロジェクトに届けています。
それらの靴もボランティアの方々が綺麗に洗って送って下さっていることでしょう。
皆様に感謝です。
  • posted by yasukonさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2018.06.03 06:57 

 

我が家も娘が小学校を卒業したときにランドセルを送りました(^-^)
企業のクラレさんからアフガニスタンの子どもたちに寄付するというものだったのですが、ゆんこさんのようなボランティアの方に支えらた活動だったのですね。我が家も鉛筆やノートなどを一緒に送りました。
ランドセルのその後について詳しく書いてくださってありがとうございます。娘のランドセルも今、アフガニスタンの子どもたちの役に立っているとよいなと思います。
すごく素敵な記事でした。ありがとうございました♪
  • posted by hanaさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2018.06.03 07:09 

 

ゆんこ さん

こんばんは
ランドセルが交流につながってるとは
知りませんでした、
素敵なボランティア活動だなぁ
いい勉強になりました。
  • posted by しろさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2018.06.03 18:16 

 

素晴らしい活動ですね!

日本のランドセルは、丈夫ですからね!
豚皮かどうかの判断って、難しそうですね。
  • posted by アトムパパさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2018.06.03 22:09 

yasukonさんへお返事 

主催者の話によると、このプロジェクトは子どもから子どもへとつなぐものだとのこと。
贈る側もそのランドセルとの想い出を思い浮かべながら送るからです。
いい話だと思いました。

靴も検品作業が大変そうです。
そうやって贈られた靴を子どもたちが履いて学校に通っていると思うと楽しいですね。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2018.06.04 00:14 

hanaさんへお返事 

hanaさんが送られたランドセルも、昨日のNGOジョイセフを経由してアフガニスタンに送られています。
6年も使ったのにほとんどのランドセルがとてもきれいでした。
また秋に同じ作業をするそうです。
場所は鴨居駅の近くでした。
hanaさんもご一緒にいかがですか?
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2018.06.04 00:16 

しろさんへお返事 

ランドセルはミニのランドセルに作り直すとか、財布にするとかいろいろな使い方がされていますね。

映像の中でランドセルを背負って走って帰る子どもたちの様子がとても可愛くて、また嬉しくて、ちょっと涙が出ました。
あの姿を見ると、丁寧に箱詰めをしないと!と思いました。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2018.06.04 00:17 

アトムパパさんへお返事 

豚革かどうかの判断は、色と模様でしました。

ジョイセフはこの活動をもう15年もしていることに驚きました。
今回8700個近く送りますが、まだまだ足りていないそうです。
秋の活動が楽しみです。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2018.06.04 00:21 
.

Comment_form

 こちらをチェックされたコメントは公開しません。

左サイドMenu

ゆんこです

ゆんこ 描:ゆっきぃさん

2006年6月に乳がんの手術を受けました。
人との出会い、時間を大切に過ごしたいと思っています。

LEVINでしゅ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

作:ちぃたんさん

2008年1月31日、144gで生まれたパピヨンの男の子でしゅ。
上の僕の写真をクリックすると、「にほんブログ村、犬ブログ、パピヨン」部門の今の順位がわかるよ!

お願い

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。 最新記事から一週間以上前の記事にコメントを入れられた場合は、お手数ですがその旨を最新記事のコメント欄でご連絡ください。 それがないと気づかないことがあり、お返事ができない、もしくは遅くなることがあります。 どうぞよろしくお願いいたします。

wish and with you japan

with you japan small full black

カレンダー

<07 | 2019/08 | 09>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

世界の国からこんにちは

世界の国からご訪問ありがとうございます。
ブログを始めたのは2008年3月12日ですが、この「Visitors」は2009年9月4日に設置しました。
free counters

にほんブログ村のランキングです

みなさまの1クリックでランキングが上がります。 毎日たくさんの応援をありがとうございます。

かわいいブログパーツです

Private

右サイドメニュー