素敵な時間を、LEVINと共に。

日々の中で見つけた素敵な出会いを大切にしたいと思っています。

Entries

動物病院難民を解消したい

LEVINは生後1歳のときに「胆嚢粘液嚢腫」と診断されました。

その話に入る前にフォトコンテストへの応援をお願いいたします。→☆★☆
毎日ありがとうございます。



胆嚢粘液嚢腫とは胆嚢の中にゼリー状に固まった胆汁が蓄積して、胆嚢炎を起こしたり、総胆管閉塞(総胆管が詰まり、胆汁が流れなくなる状態)を起こしてしまう病気です。

ところが昨年日本に帰ってきて出かけた別の動物病院では「胆泥症」と診断されました。
「胆泥症」は、胆汁が濃縮して泥上にまったものが胆嚢に溜まった状態です。

胆汁を早く外に流れるようにするための利胆剤と、胆汁が流れやすくするために胆管を広げる拡張剤が処方されました。
その後も定期的に検査に来るようにと言われましたが、ちょっと思うところがありその動物病院から足が遠のいていました。

今回LEVINの歯石取りのことで出かけた動物病院で、検査をしてもらいました。
やはり「胆泥症」とのことで、利胆剤が処方されました。

ところが胆管を広げる拡張剤は危険とのこと。
それよりも胆泥に粘り気が出ている可能性が高いので、胆泥をさらさらにする薬が処方されました。

20161210_085741 O

これまでにかかった獣医さんはどなたも丁寧に説明してくれました。

でも医学的な知識がない私は、言われたことを100%信じます。
処方された薬をまじめに飲ませます。
それが違う病院へ行くと違う診断がされ、違う薬が処方され、それまでに信じていたことが覆されてしまいます。

それで同じ病院へ行く気がしなくなり、動物病院難民になっていました。

今回出かけた獣医さんにはこれまでの経緯をすべてお話して、これまでに飲んできた薬の効能も説明していただきました。
でも獣医さんは「胆嚢の中がいったいどうなっているかは、手術をして胆嚢を取り出して病理検査をしない限りはわからない」と言われました。

だから定期的な血液検査や超音波検査をして、そこに獣医さんの経験、世界中の同じ症例の文献などから総合的に判断していく必要があるとのことでした。
こちらの獣医さんと私との信頼関係も築けそうです。

どうか動物病院難民から解消されますように・・・。

wan6177.jpg

先日出かけた先で見かけた教会の聖家族です。

あらら、まだクリスマスが来ていないのにイエス・キリストが生まれていますよ。

20161207_125928 O

LEVINでしゅ。

今度の獣医しゃんは「LEVINくん、どーぞ」って診察室の扉を開けた瞬間に「可愛い!」って言ってくれたよ。
僕もこの獣医しゃん、大好き!
看護師のお姉しゃんもきれいだったし・・・。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

  • LEVINのこと / からだ 
  • comments(-) 

左サイドMenu

ゆんこです

ゆんこ 描:ゆっきぃさん

2006年6月に乳がんの手術を受けました。
人との出会い、時間を大切に過ごしたいと思っています。

LEVINでしゅ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

作:ちぃたんさん

2008年1月31日、144gで生まれたパピヨンの男の子でしゅ。
上の僕の写真をクリックすると、「にほんブログ村、犬ブログ、パピヨン」部門の今の順位がわかるよ!

お願い

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。 最新記事から一週間以上前の記事にコメントを入れられた場合は、お手数ですがその旨を最新記事のコメント欄でご連絡ください。 それがないと気づかないことがあり、お返事ができない、もしくは遅くなることがあります。 どうぞよろしくお願いいたします。

wish and with you japan

with you japan small full black

カレンダー

<09 | 2017/10 | 11>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

世界の国からこんにちは

世界の国からご訪問ありがとうございます。
ブログを始めたのは2008年3月12日ですが、この「Visitors」は2009年9月4日に設置しました。
free counters

にほんブログ村のランキングです

みなさまの1クリックでランキングが上がります。 毎日たくさんの応援をありがとうございます。

かわいいブログパーツです

Private

右サイドメニュー