素敵な時間を、LEVINと共に。

日々の中で見つけた素敵な出会いを大切にしたいと思っています。

Entries

いきなりLEVINを触ろうとする人に対する適切な言葉は?

淡路島の記事の途中ですが、どうしても言いたいことがあります。

LEVINと歩いていると、小さなお子さんがLEVINを見て「わんわんだ!」と言うことがよくあります。
それは良いのだけど、子どもは別に興味を示さないのに親が「ほら、わんわんよ」と言うことがあります。
たいていは子どもがぐずっているときです。

他人の犬で子どもをあやさないで、と思いますが、イタリアやマレーシアでも同じようなことがよくあったので、万国共通の親の言動ということで目をつぶっています。
LEVINを見た子どもは興味がLEVINに向き、泣き止みます。

いけないのはその後です。

親が調子に乗って、泣き止んだ子どもの手を引いて「わんわん、かわいいねぇ」とか言いながら近づいてきます。
そしてLEVINのそばに立つ私の存在を無視して、LEVINと自分たち親子だけの世界に入ろうとするのです。
つまり「触っても良いですか?」の許可を得ずに頭を撫でようとしたり、子どもはLEVINの長い尻尾を引っ張ろうとしたりします。

いきなり頭の上に手を出されたり尻尾を引っ張られたLEVINは、「やめてくだしゃい」とその「悪魔」の手を舐めます。
すると親子そろって「咬んだ!」と叫ぶのです。

20160808_072952 O

LEVINはこれまでに誰かを咬んだことなんてありませんが、虫の居所が悪ければがぶっとすることがあるかもしれません。

特に最近気づいたのですが、加齢とともにこれまでしたことがないようなことをすることがあるのです。
例えばシャンプーのときにこれまではおとなしくされるがままだったのが、最近はずっと文句を言っています。
そのうちに「やだっ」と私の手を咬むかもしれません。

ブログ友だちのめぐさんが、散歩で出会うおばちゃんに犬を触らせない方法として「咬みます」と言ったけれど通じなかったと書かれていました。

「咬みます」でも手を出そうとするのなら「食いちぎります」と言ってみる?

LEVINでしゅ。

シャンプーのときに文句を言っているの、やっと気づいてくれたんだね。
もうずっと前から文句を言ってたけど、僕、控えめな性格だからじっと我慢してたんだよ。
いつか気づいてもらえるってね。
でもやっぱし無理だったってことだね・・・。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

Comment

 

おはようございます!
犬を飼っている人ならマナーは知っていると思いますが、
一般人は「飼い主に許可を得る」ということは知らないと思います。

私なら近づいてきたら「このワンちゃん、噛むかもしれないから、見てるだけにしてくださいね」と親にも言うかも。

泣く子の特効薬、、、「ワンちゃんがいるよ」は許せますが。
  • posted by 野いちごさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2016.08.21 06:02 

 

私はそんな時は愛想笑いしながらそそくさとその場を退散します。
「触ってもいいですか?」と聞かれた時は立ち止まりますが
それ以外はかかわらないのが一番だと。
そんな私って冷たいかなぁ。
でも本当に犬を好きで(事情があって飼えないけど)犬を分っている人なら一声かけてくれると思うからね。

あと犬を連れていてこちらを見ると「ダメよダメよ」といいながらリードを伸ばして自分の犬を寄せてくる人。
(往々にしてお年寄りが多いかも)
そんな時もサッサとその場を立ち去ります。
だってね…寄せてくるから大丈夫なのかと思ったらいきなるガウッってこられたことあるから。

こんな私だから土手に行っても犬友達ができないのかも。
でも自分の犬を危険にさらしたり嫌な思いをしないための自衛手段だからねぇ(#^.^#)
  • posted by miekoさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2016.08.21 07:55 

 

わかりますっ!!!
全くその通りです!!
先日も全く同じ事があり
小さな子供がパピルイに向かってドタドタと足音を立てながら近寄ってきました。
案の定パピルイはそのドタドタと駆け寄ってきた子供にビックリしてギャン吠え!!
その親は 「怖い怖いだね~! 」と嫌な物を見る目であたしたちを見て
子供の手を引いて立ち去って行きました!!
超ムカついたので何か一言言ってやろうかと思ったら
隣に居た旦那が 聞こえるように
「食いつけっ!!」ってパピルイに言ったのを聞いて爆笑!

パピルイもよく吠えますが(笑)
人を噛んだ事も他のワンコを噛んだ事もありません!
でも いつぞや噛むかわからないので毎回気をつけています。

パピルイのカラーに
「この子達は噛みます!!」って書いて
貼っつけておきたいくらいです( ̄0 ̄;)
  • posted by papiruiママさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2016.08.21 09:04 

 

こんにちは。
ゆんこさんもわたしと同じ悩みが・・・・。
子どもが寄ってくることは、あまりないんですよね。
うちはほぼ、おっちゃん・おばちゃんがクセモノです(-_-;)
「かみます」が通用しないなら、「毒ありますよ」って言っちゃえ!
ってコメントいただいたんですが、1回試してみたいと思ってしまいました( ̄▽ ̄;)
近づかれそうになったら逃げる、っていうのが一番いいのかと思う最近です。
常識ない人に、常識言っても通じないですし、空気も読んでもらえませんしね~・・・・。
危険回避で、最近この人やばそう・・・・、と思ったら、足取りがめちゃ早くなるようになりました。
最終的に、わたしがかみつくか??(←解決にならない)
  • posted by めぐさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2016.08.21 09:46 

 

いくら なつっこい わんこちゃんでも
いきなり 触られて びっくりして…ってことも ありますからねぇ。
のんさまは 今のところ 人を 咬んだことは ないんですが
めっちゃ ナメるので 「ナメますよ」と 言います。
幸い 「触ってもいいですか??」と 聞いてくださる方ばかり なので
こちらから 言うことが できてます。
ただ 逆バージョンで お子さんが 近づこうとすると
「イヌは 咬まむから 近づいちゃ ダメ!」って 親御さんも いてます。
まぁ やたらめったら 触られるよりは マシだけど
あまり 良い気持ちは しませんね…
  • posted by のんママさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2016.08.21 19:55 

 

2012年にスウェーデンの犬の心理学者やトレーナーなどのグループが始めた
「イエロードックプロジェクト」といものが、インターネットを通じてアメリカ、カナダ、フランス、ドイツ、南アフリカ、スペインなどの国々で広まっているそうです。
これは、「リードに黄色いリボンや黄色いものを付けている犬を見かけたら側によらずにそっとしておいてね。」というものだそうです。
日本でも早く浸透してくれるといいですね。
  • posted by ムサシママさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2016.08.21 20:09 

野いちごさんへお返事 

最近は「触って良いですか?」と聞いてくださる方が増えてきました。
特に小さなお子さん自ら「触っても良いですか?」と聞いてくれると、どうぞどうぞ、と思います。

咬みますよ、と言うのは簡単だけど、咬むような犬を散歩させて!と思われるのもイヤです。
「いきなり触るのはやめてください」と言えたら良いのですけれど・・・。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2016.08.22 20:29 

miekoさんへお返事 

このときは狭い歩道だったので逃げられませんでした。
そうじゃないときは私もそそくさと立ち去るほうです。
そうかぁ、だから私も地元で犬友ができないのね。
おやつをばらまく人とも距離を置いているしね・・・。

そうそう、リードを伸ばしてくる人、犬がこちらに突進してきても後ろからあたあたと付いてくる人、いますね。
そういうときは抱っこして避難します。
向こうが動いてくれるだろう、は通用しないですね。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2016.08.22 20:30 

papiruiママさんへお返事 

自分がどたどた走って来て「怖い怖いだねぇ」もひどい!
ダンナ様の「食いつけっ!」が聞こえていて欲しいなぁ。

「咬みます」と言うのは簡単だけど、咬むような犬を散歩させている、咬まないようにしつけをしていない飼い主って思われるのも癪でね。
「マナーのない人には咬みつきます」って言ってみたい!
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2016.08.22 20:30 

めぐさんへお返事 

そうかぁ、特におばちゃんがクセモノですね。
あぁ言えばこう言う、だしね。
これからは逃げましょう!毒をまきながら・・・。
ん?毒をまきながら逃げる?私たちはスカンク?
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2016.08.22 20:31 

のんママさんへお返事 

LEVINも舐めるんです。
でも舐めると歯があたるでしょ?それを「咬んだ」って大騒ぎするんですよ。
「歯があたっただけですよ」と言う気もありませんが。
のんさま地方はみなさんマナーができているんですね。

先日、子どもが「あの犬、かわいいね」と指差していたのを、母親が「そう?」と言っているのが聞こえました。
あれも良い気持ちがしなかったです。(涙)
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2016.08.22 20:31 

ムサシママさんへお返事 

イエロードッグプロジェクト、初めて知りました。
でも、そのリボンを付けることによりワンちゃん同士のコミュニケーションがなくなるのも問題ですね。
扱い方が難しそうです。
でもちょっと良いアイデアかも!
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2016.08.22 20:32 
.

Comment_form

 こちらをチェックされたコメントは公開しません。

左サイドMenu

ゆんこです

ゆんこ 描:ゆっきぃさん

2006年6月に乳がんの手術を受けました。
人との出会い、時間を大切に過ごしたいと思っています。

LEVINでしゅ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

作:ちぃたんさん

2008年1月31日、144gで生まれたパピヨンの男の子でしゅ。
上の僕の写真をクリックすると、「にほんブログ村、犬ブログ、パピヨン」部門の今の順位がわかるよ!

お願い

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。 最新記事から一週間以上前の記事にコメントを入れられた場合は、お手数ですがその旨を最新記事のコメント欄でご連絡ください。 それがないと気づかないことがあり、お返事ができない、もしくは遅くなることがあります。 どうぞよろしくお願いいたします。

wish and with you japan

with you japan small full black

カレンダー

<06 | 2017/07 | 08>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

世界の国からこんにちは

世界の国からご訪問ありがとうございます。
ブログを始めたのは2008年3月12日ですが、この「Visitors」は2009年9月4日に設置しました。
free counters

にほんブログ村のランキングです

みなさまの1クリックでランキングが上がります。 毎日たくさんの応援をありがとうございます。

かわいいブログパーツです

Private

右サイドメニュー