素敵な時間を、LEVINと共に。

日々の中で見つけた素敵な出会いを大切にしたいと思っています。

Entries

ビーズはインド洋を超えて

国立博物館へ行ってきました。

20100822 P1000292

こちらへは何度も来ていますが、ガイドツアーがあることを聞き友人と一緒に出かけました。

ガイドツアー、良かったです。
聞く側が私たちを含めて3人だけだったということもあり、細かく質問ができたからです。長らく疑問に思っていたことも明快な説明を聞けてすっきりしました。

そしてもう一つの目的は、期間限定で開かれているビーズ展を見ることでした。
実は私、今はバティック専門家を名乗っていますが、その前は「ビーズ専門家」だったのです。

マレーシアにはボルネオ島のサバ州、サラワク州に、そしてプラナカン文化にビーズが・・・と思いながら会場に入ると、いきなりこんな帽子が目に飛び込んできました。

帽子のトップに鳥のホーンビルの頭部が取り付けられていました。
くちばしとホーンの部分は赤く色が塗られていて、レプリカ?と思ったら目の辺りを見ると本物でした。

20140319_124733 L

これは鳥の羽根だと思うのですが、こんな模様でこの長さ・・・50cmはあったでしょうか・・・強さの象徴でしょうね。

20140319_125444 L

これは腰に付けて、座るときにマットがわりになるようです。

これ、いいアイデアですね。汚れてもビーズですからすぐに洗えます。

20140319_125707 L

これは背負子です。農作業をするときに赤ちゃんを背負うための道具です。

1枚上のシートマットにある白や黄色の顔、背負子の真ん中にデザインされている黄色い顔は人々が神とあがめる「ASO(アソ)」の姿からイメージしたものだそうです。
さらに背負子にはホーンビルや虎のデザインもあり、強く育って欲しい、悪いものから守りたいという願いがこめられているような気がします。

この背負子を使っているのはボルネオ島のジャングルの中で生活をしている「ケンヤ族」だそうです。
ケンヤとは「KENYA」と表記します。

これまでケンヤ族というのは知らなかったのですが、KENYA・・・私が住んでいたケニアも英語表記は「KENYA」です。
偶然?

20140319_131804 L1

このビーズ展で思わぬ出会いがありました。

トレードビーズです。

私が初めてトレードビーズと出会ったのはケニアに住んでいたときです。
トレードビーズはイタリアのヴェネチアやヨーロッパ、インドで作られて文字通り交易のために使われました。

下の写真はどちらも私の持ち物で新しいものですが、これらと同じ種類のビーズを使った装飾品が会場にあり、思わず声を上げてしまいました。

ミルフィオリはあらかじめモザイクガラスを作り、それを折り込んでいます。
シェブロンは何層にも色が重なっています。
両方とも切り口に模様が出ているのは、模様が絵付けではないことを表しています。

考えてみればマレーシアのマラッカは海のシルクロードの重要な拠点だったので、これらのビーズが交易に使われたことは明らかです。
マラッカでインド洋を目の前にしたとき、あぁ、この大きなインド洋の向こうに住んでいたんだなぁとしみじみと思いました。これらのビーズもインド洋を越えてマレーシアへやってきたんだなぁと思うと、なんだかとても不思議な気持ちになりました。

20140321 beads5

博物館もビーズ展もとても良かったのですが、ひとつ残念だったのは、展示品と説明が一致していなかったり説明文が途中で切れていたものが多かったです。
なのでこの記事を書くためにいろいろと調べてみましたが、もしかしたら間違いがあるかもしれません。そのときはご容赦くださいませませぇ。

LEVINでしゅ。

お母しゃん、ビーズ専門家に戻らなくて良いからね。
専門家になったら集めたくなるでしょ?
これ以上物を増やさなくて良いからね。

今日はコメント欄をお休みしましゅ。
そのかわり、ランキングへの応援のクリックをお願いしましゅ。

いつもたくしゃんのクリックをありがと♪


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

左サイドMenu

ゆんこです

ゆんこ 描:ゆっきぃさん

2006年6月に乳がんの手術を受けました。
人との出会い、時間を大切に過ごしたいと思っています。

LEVINでしゅ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

作:ちぃたんさん

2008年1月31日、144gで生まれたパピヨンの男の子でしゅ。
上の僕の写真をクリックすると、「にほんブログ村、犬ブログ、パピヨン」部門の今の順位がわかるよ!

お願い

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。 最新記事から一週間以上前の記事にコメントを入れられた場合は、お手数ですがその旨を最新記事のコメント欄でご連絡ください。 それがないと気づかないことがあり、お返事ができない、もしくは遅くなることがあります。 どうぞよろしくお願いいたします。

wish and with you japan

with you japan small full black

カレンダー

<07 | 2017/08 | 09>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

世界の国からこんにちは

世界の国からご訪問ありがとうございます。
ブログを始めたのは2008年3月12日ですが、この「Visitors」は2009年9月4日に設置しました。
free counters

にほんブログ村のランキングです

みなさまの1クリックでランキングが上がります。 毎日たくさんの応援をありがとうございます。

かわいいブログパーツです

Private

右サイドメニュー