素敵な時間を、LEVINと共に。

日々の中で見つけた素敵な出会いを大切にしたいと思っています。

Entries

保護したワンちゃんたちからの贈り物

「おっきいの」と「ちっこいの」は、昨日無事に去勢手術を終えて帰ってきました。

獣医さんへ向かうまでは「ちっこいの」は弱弱しかったです。全身麻酔に耐えられるだろうかと心配でした。
予定時間より早くに獣医さんから電話があったときは、もしやと最悪の事態を想像したほどです。

ところが獣医さんのところへ迎えに行くと「おっきいの」はふらふらと歩いてきましたが、「ちっこいの」は元気いっぱいでした。
そして夕食も「おっきいの」は私の手からしか食べず、それもほんのわずか食べただけでごちそうさまをしましたが、「ちっこいの」は「おっきいの」が食べ残したご飯まで全部食べて、さらに「おかわり!」と言っていました。

そうそう、情が沸かないように名前は付けないと思っていましたが、友人が付けてしまいました。
「おっきいの」は「Mr.Big」、「ちっこいの」は「Scruffy」です。Scruffyとは「みすぼらしい」という意味です。

確かに痩せていて、ちょっとみすぼらしいかな?
でも「Scruffy」と英語になると、いくらその意味が「みすぼらしい」でもなんだかかわいく聞こえるから不思議です。

その友人が一緒に獣医さんのところについて来てくれたのですが、獣医さんから「ワンちゃんの名前は?」と聞かれたとき、この名前を言っていました。その後手術が無事に終わったと獣医さんから電話がありましたが「Scruffyは元気です」と言われて、一瞬誰それ?と思ってしまいました。

昨日の朝の散歩です。

20131204_094152 C

ちっこいの・・・じゃなくてScruffyは、友人が目のまわりの毛をカットしてくれました。

ほら、かわいいでしょ!

20131204_094049 C

一昨日の夕方、以前私を大声で怒鳴った人が家に来ました。

私たちが迷い犬を保護していることを聞き「少しだけど」とドッグフードを持って来てくれました。
もうびっくりでした。

最初は目を合わせるのもちょっとドキドキしましたが、先方がにこやかに話をしてくれますし、なによりも私たちの行動に対して応援してくれていることがよくわかりました。
そして昨日も「術後の具合はどう?」と様子を見に来てくれました。

これはScruffyたちのおかげですね。
彼らの存在が彼女との関係を元通りにするきっかけとなったのは間違いありません。

別の友人は「術後の回復に良いから」とレバーを煮て持ってきてくれました。

20131204_090652 C

本当のことを言うと、ワンちゃんたちを家に連れて来たことを悔やんだ瞬間もありました。

とにかくワンちゃんたちが殺されないようにという思いで我が家に連れて来ましたが、落ち着いてくるにつれて「「これからどうしよう」という気持ちが大きくなってきたからです。

でもこうして多くの人が私たちを助けてくれました。
まだワンちゃんたちは我が家にいます。ここにいる間はみんなの温かい気持ちを彼らに伝えたいと思っています。

LEVINでしゅ。

獣医さんのところでMr.Bigたちを預けて帰ろうとしたら、「置いていかないでぇ!」って泣き始めたんだって。
きっと捨てられたことがトラウマになっているんだろうね。
Mr.Bigはおっきいけれど、まだ1歳の子どもなんだよ。それなのに辛い思いをたくしゃんしたんだろうね。

あぁん、僕まで涙が出てきたよ。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

Comment

 

とっても 素敵な話、ありがとうです♡
いい事をすると必ずいい事があるんですね^^

ワンちゃん達 これから幸せな生活が待っているんだろうなぁ~♪♪
悲しい思いをしたからたくさんたくさん幸せになって欲しいなぁ^^

ゆんこさん・・・・
「Mr.Big」と「Scruffy」と別れる時
手放したくなくなっちゃいそうだねっ(*^^*)
  • posted by papiruiママさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.05 07:06 

 

おはよう♫

2ワンズの去勢手術終わったのですね。
Mr.Bigはやはり捨てられたのが判っているんですね。
可愛そうに。

今回この子たちのおかげで人の温かさにふれた事とてもよかったですね。

人の優しさにホッコリとした気持ちになりました。
  • posted by みーちゃんズさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.05 07:10 

 

街中でも射殺されてしまうんですか?怖いです。
それなのに放置してしまうなんて……
ワンコ達は、無償の愛をくれます。でも裏切るのは人間なんですね。悲しいです。

少し前にTVで「老犬ホーム」の特集をやっていました。
白血病になり、ワンコと暮らせなくなったりだとか
色々な事情があり、あずけられているそうです。
ホーム側もちゃんとした理由がなければあずからないということです。
年間36万円かかるそうです。
面会に来ていた方が「ごめんね、ごめんね」と涙を流しながらワンコに謝っていました。私も号泣でした。

ゆんこさんたちに助けられた「Mr.Big」「Scruffy」
ある意味強運の持ち主、きっと幸せな犬生が待っているって信じています。

ワンコって凄いですよね。
こうして人と人との輪を繋いでくれて、温かい風を運んでくれますね。
  • posted by ムサシママさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.05 08:41 

 

すてきな贈り物ですね!
ワンちゃんたち、幸せになることを願っています。
  • posted by アトムパパさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.05 08:53 

 

こんにちは♪

無事手術が終わって良かったですね。
病院に預ける時に鳴かれた事、想像して目頭が熱くなってしまいました。

ゆんこさん、本当に素晴らしいことされてますね。
大変でしょうが頑張ってください。
何もできないのが心苦しいですが応援しています。
  • posted by くるママさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.05 10:06 

 

始めまして♪こんにちは☆
ホッピーアニキになりますのmayuyuです。
いつも‥楽しくそして考えさせられながら拝見しております。

とっても素敵な話で感動しました。
迷い犬‥に対してのゆんこさん家族の積極的な行動もとってもすばらしいし‥
そしてワンコが繋いでくれた 人と人との繋がりが素敵だと思いました☆
本当にありがとうございました♪

どうか‥Mr.BigちゃんとScruffyちゃんに素敵な出逢いが待っていますように(*^^*)
  • posted by mayuyuさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.05 11:31 

 

温かい心の通う記事に感動でした。
人と人のつながりは美しいですね?

”みすぼらしい”とはちょっと可愛そうですが、
そのうち可愛いScruffyちゃんに変身ですよ。

2匹が離れ離れになってもワンちゃんは
順応性があるというので大丈夫です。
早く優しいパパ、ママが見つかればいいですね?
祈っています。
  • posted by 野いちごさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.05 17:00 

感動しました! 

ゆんこさん、こんばんは。コロンパパです。
私のブログへコメントくださり有り難う御座いました。

ゆんこさんのご夫妻の優しさが伝わる記事を読ませていただき感動しました。ワンコに対しても人に対しても優しい気持で日ごろから接していると、沢山の方から思いもよらぬプレゼントがあるものですね。
自分もゆんこさんご夫妻を見習い優しい気持ちで穏やかに日々を過ごすことを心がけようと思います。
  • posted by コロンパパさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.05 18:06 

 

良い話ですね~

名前もそれぞれに良いかんじ・・・
  • posted by 博多の華さんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.05 18:53 

 

ゆんこ さん

怒鳴った人、いい人だったのですね、
意外でしたが、
きっと、いいお友達になることでしょうね。
ワンコを通しての友達の広がり、いいなぁ!
よいことをすると、よいこと広がりますね。
  • posted by しろさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.05 19:12 

 

手術が無事終わってよかったですね。
とてもいいお話を有難う。
心の中が暖かくなります。
ワンチャンたちが幸せになりますように。
  • posted by satiさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.05 21:20 

 

おぉ セラピー効果でてますね☆
動物の持つ癒やしの力は本物です!
人に対して頑なな人でも、かわいらしい
ワンコやネコちゃんには表情が緩めっぱなしという人も身近で見たことがあります。

Mr.bigくんとscruffyちゃん、無事に手術が
終わって良かったー
一度は悲しい思いをしたけれど、これから
いっぱい幸せになって!!
ゆんこさんとご主人にも乾杯!!
  • posted by モーメイママさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.05 22:23 

 

後先考えず助けの手を差し出す。これこそが人間の仏性なのだと思うのです。

嬉しい気持ちでいっぱいです。
  • posted by ミリわんさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 00:50 

 

おはようございます。

バザ- ご苦労様でした。
私 日にちを勘違いしていました。 ゆっくり休んでくださいね。
わんちゃんたちの為にも気持ちを砕いておられますから
どうぞご自愛下さいね。
  • posted by yasukonさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 05:16 

 

ゆんこさん、バザー お疲れ様でした。
ゆっくり休んでくださいね。
LEVINくんも、おとなりで 見守り隊お疲れ様でした(#^.^#)

わんちゃん達、いい出会いがありますように!!
  • posted by ゆかぶ☆さんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 09:25 

papiruiママさんへお返事 

私は単純だから、あんなに怖かったのに今ではその人のことを「良い人」と思っています。(笑)

ワンちゃんたち、たくさん問い合わせがくるのだけど、まだお家が決まっていません。
日に日に情が深くなっていっています・・・。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 23:35 

みーちゃんズさんへお返事 

友人の話では、こんなにフレンドリーなのは自分たちが捨てられたことがわかっていて、私たちに必死でアピールをしているのだと言います。
そう思うととてもけなげでかわいそうです。

ご近所さんにも「犬が増えまして・・・」と言うと「保護したんだって?少々吠えたって気にしないよ」と言われました。
ありがたいことです。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 23:36 

ムサシママさんへお返事 

想像するに保護してもいずれ処分されるので、ということかもしれません。
そしてその身体はそのまま放ったらかしにされているそうです。夫はそんな悲しい現場を何度も見ています。

日本には「老犬ホーム」があるんですね。
お金がかかるの、よくわかります。話は変わりますが、動物保護団体やそういった施設への寄付を今考えているところです。

Mr.Bigたちにはまだお家がみつかっていませんが、せっかく助けた命ですから最後まで全うさせてやりたいです。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 23:40 

アトムパパさんへお返事 

怒鳴った人が家に来たときは、おどおどしてしまいました。
昨日はその家のメイドさんまでが様子を見に来ましたよ。今までは顔を合わせて挨拶をしても無視していたのに・・・。
どれもこれもMr.Bigたちのおかげです。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 23:41 

くるママさんへお返事 

病院に迎えに行ったときは、麻酔から覚めたばかりで朦朧としている中、一生懸命尻尾を振ってくれましたよ。
このまま家族として迎えられたら良いのだけど、それができないのが辛いです。

こうしてみなさんが見守ってくださっているだけで力になります。いつもありがとうございます。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 23:41 

mayuyuさんへお返事 

mayuyuさん、初めまして。コメントをありがとうございます。
私もちょこちょこと読ませていただいていました。お花のクッションに乗っているアイラちゃん、かわいいですね。

犬ってほんとすばらしいですね。
まわりの人をこんなにも癒してくれるんですもの、それだけに責任を持って世話をしないといけないと改めて思っているところです。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 23:42 

野いちごさんへお返事 

まさかあの怒鳴った人がフードを持ってきてくれるとは思いませんでした。びっくりでした。
私たちが英語の表現をかわいいと思うように、こちらの人は日本語の文字が「cool」だそうですよ。(笑)

二匹一緒にという人、あらわれて欲しいです。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 23:43 

コロンパパさんへお返事 

こんなにも人を癒してくれる犬を捨てる人がいるなんて信じられません。
今では笑顔さえ見せてくれる犬たちです。

私はいつも穏やかじゃないです。でもなるべく穏やかでいようと努力しています。(汗)
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 23:44 

博多の華さんへお返事 

名前、いいでしょ?
私が「おっきいの」と呼んでいるのを「なんていう意味?」と聞かれたので「big」と答えたら、そこに「Mr」を付けていました。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 23:44 

しろさんへお返事 

家に来たときは、どんな顔をしたら良いのかどきどきしましたよ。私も心が狭いです・・・。(汗)
今では「良い人」だと思っていますよ。

私もいろいろと学びました。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 23:45 

satiさんへお返事 

獣医さんからの電話が予定よりも早くあったので、Scruffyに何かあったのではと心臓が停まりそうでした。
でも実際はMr.Bigのほうが弱弱しくて、身体の大きさは関係ないんですね。

なんとかシェルターに送らずに新しい家族を見つけたいと思っています。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 23:46 

モーメイママさんへお返事 

こんなに素晴らしい幸せをもたらすワンちゃんを捨てた人、何を考えていたのでしょうね。
大声で怒鳴った人とは、その後もずっと普通に接しています。ほんと、良かったです。

この仔たちは間違いなく幸せになれると信じています。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 23:47 

ミリわんさんへお返事 

保護したからには最後まで責任を負わないといけないのに、それができないのではと辛い時期もありました。
でも今はこの仔たちに出会えて良かったと、心から思っています。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 23:48 

yasukonさんへお返事 

今週はワンちゃんたちのこともあり、バザー中もいろいろと連絡を取り合ったりして、いつも以上に働いた気分です。(笑)
この仔たちを新しい家庭に送るまで、もう少し軟張ります!
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 23:49 

ゆかぶ☆さんへお返事 

バザーはちょっと長かったですね。でも途中で切り上げたらいけないと言われていたので、じっと座っていました。(涙)
LEVINは今、ちょっとだけ「がまん隊」をさせられています。
なので、いつもよりたくさん遊んであげていますよ。
  • posted by ゆんこさんちゃんくん 
  • URL 
  • 2013.12.06 23:49 
.

Comment_form

 こちらをチェックされたコメントは公開しません。

左サイドMenu

ゆんこです

ゆんこ 描:ゆっきぃさん

2006年6月に乳がんの手術を受けました。
人との出会い、時間を大切に過ごしたいと思っています。

LEVINでしゅ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

作:ちぃたんさん

2008年1月31日、144gで生まれたパピヨンの男の子でしゅ。
上の僕の写真をクリックすると、「にほんブログ村、犬ブログ、パピヨン」部門の今の順位がわかるよ!

お願い

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。 最新記事から一週間以上前の記事にコメントを入れられた場合は、お手数ですがその旨を最新記事のコメント欄でご連絡ください。 それがないと気づかないことがあり、お返事ができない、もしくは遅くなることがあります。 どうぞよろしくお願いいたします。

wish and with you japan

with you japan small full black

カレンダー

<09 | 2017/10 | 11>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

世界の国からこんにちは

世界の国からご訪問ありがとうございます。
ブログを始めたのは2008年3月12日ですが、この「Visitors」は2009年9月4日に設置しました。
free counters

にほんブログ村のランキングです

みなさまの1クリックでランキングが上がります。 毎日たくさんの応援をありがとうございます。

かわいいブログパーツです

Private

右サイドメニュー