素敵な時間を、LEVINと共に。

日々の中で見つけた素敵な出会いを大切にしたいと思っています。

Category [東日本大震災 ] 記事一覧

日本への想いを繋いで、紡いで

地元の若い友人から「日本へ旅行しようと思うんだけど」と相談を受けました。東日本大震災の被災地を訪れたいとのこと。そういう行為が被災者の方に対して失礼じゃないか、と心配しているようでした。被災地を実際に訪れて自分の目で確認したい・・・そういう気持ちがあるようです。彼らにとって私は日本の「窓口」です。その「窓口」の看板は彼らの行き先によって変わります。北海道へスキーに行く人にとっては北海道になり、京都...

ありがとう

東日本大震災から一年を迎えるにあたって、CNNでは「REBUILDING JAPAN」と題した特集を組んでいます。そこにはこの一年の被災地、日本の様子がいろいろな面から写しだされています。甚大な被害を受けたにもかかわらず「ここが私の居場所」と言い切る漁師さんの言葉に、時間はかかっても必ずその場所は彼らの「地元」として歩み始めるだろうと思いました。こちらの地元の友人の中には、これから日本へ旅行に行く...

がんばっぺ

昨日は乳がん術後5年目を無事に迎えたことに対して、とても多くの方からお祝いのコメント、メールをいただきました。どうもありがとうございました。また昨日1日だけで300名以上の方がご訪問くださいました。たぶんこの数値はブログを始めて以来の最高だと思います。お名前を残してくださる方のほかにも、そっと見守ってくださっている方が多いこと、本当にうれしく思います。もしこのブログがどなたかの励みになっているとす...

東日本大震災、テント商店街と子ども達の感謝の言葉

知り合いが救援活動で岩手県と福島県へ行った時の写真を送ってきてくれました。岩手県山田町では、「テント商店街」がオープンしました。商工会に加盟する約500事業所のうち、8割の約400事業所が店舗を失いました。また震災後、廃業を決めたところもあり、復興の足がかりもなく、町としても手の打ちようがなく困っていたそうです。そこへ大型テントの貸与の話があり、そこを共同店舗として活用しようということになりました...

マレーシアの空に舞う折り鶴

東日本大震災から2カ月ですね。改めて、東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福を祈ります。また被災され、不自由な生活を強いられている方々に、心よりお見舞いを申し上げます。こちらのテレビでは、福島の原発のニュースは報道されますが、東北の様子はほとんど報道されなくなってきました。この間にも、リビアの情勢、アメリカのトルネード被害、ウサマ・ビンラディン殺害・・・毎日のように世界中でいろいろなことが起きてい...

ケニアの子ども達の祈りと歌

ケニアの首都ナイロビのキベラスラムにある、マゴソスクールの子ども達が歌う映像があります。こちらの学校で支援活動をされていた日本人女性がこのたびの震災で被災し、そのことを知った子ども達が彼女のこと、そして日本のことを祈りながら歌っています。人口80万人ともいわれているキベラスラムは、ケニアで最大規模のスラムだと言われています。その土地は彼らのものではなく、政府のものです。ですから彼らは不法にそこに住...

東日本大震災で被災した子ども達の心のケア

このたびの震災は昼間の発生でしたので、幼稚園や学校で被災した子ども達が多いです。いつものように、朝「行ってきます!」「行ってらっしゃい!」と声をかけてくれたお父さんやお母さんを亡くした子ども達も多いと思います。そして、ほとんどの子ども達が、お友達を亡くしています。地震、津波、そして家族や友人の死・・・。その小さな胸の中にはいったいどんな想いがあるのでしょうか。そんな子ども達の心のケアをしている団体...

震災で親を亡くした子ども達の生活、学業支援

私たち夫婦には子どもがいないですが、LEVINを迎えて、少しだけ親の気分を味わっています。LEVINの食事の用意をしていると、足元でじぃっと待機しています。また、私にくっつくようにして寝ている姿を見ると、頼りにされているなぁと思います。このたびの東日本大震災では、多くの子ども達が親を亡くしました。両親をともに亡くした、あるいは行方がわからなくなっている18歳未満の子どもの数は、4月22日現在で、岩...

被災地応援歌、ポスター、続々と

昨日の夕方は、ものすごい雷でした。雷の鳴り方に種類があることがわかってきました。ゴロゴロガラガラドシャーンドーンドーン昨日のはガッシャーンでした。かなり近い所で大きいのが鳴っていました。たぶんあちらこちらで落雷したのでは、と思います。まだ夕方の4時ごろでしたが、空も真っ暗で、稲妻が部屋の中までピカピカ光って怖かったので、カーテンを閉めて目をつぶっていました。そのまま寝てしまって・・・気がついたら夜...

原発避難地の動物たち、虹の橋の向こうで

先日もお伝えした、原発避難地域に取り残された動物たちのその後です。避難生活が長引き、命を落とす動物たちが増えています。原発避難地域に取り残された動物たちは、ペットの犬や猫だけじゃないです。家畜として飼われていた牛や豚、鶏、馬など、多くの動物たちがそこで人々と一緒に生活していました。その幸せな生活を一瞬にして壊してしまった地震を恨んでも恨み切れません。なぜ自分が置いていかれたか理由がわからず不安だっ...

みんなに助けられて

昨日4月11日午後2時46分、東日本大震災から一か月のこの時間、世界中が黙とうを捧げました。このたびの震災で亡くなられた方々のご冥福を祈るとともに、まだ行方のわからない方々が一日も早くご家族の元に戻れますように。テレビでは3月11日の様子、今の様子を流していましたが、夕方「ただいま、マグニチュード7.1の地震がありました」と臨時ニュースが飛び込んできました。その後も大きな余震が続いているようです。...

原発避難地域のペットたち

昨日に引き続き、今日もブログのご紹介です。今日ご紹介するブログは、福島県浪江町にて飼い主と一緒に避難できなかったペットたちの様子です。このブログは、ホリスティックケア・カウンセラーのメールマガジンで送られてきました。この現状を多くの方に知ってもらうよう、ブログ等で掲載して欲しいとのことでした。福島県浪江町は、今回の震災で事故に見舞われた原子力発電所から半径20km区域内に入っており、避難指示が出た...

微力が集まって大きな力になりますように

3月11日の東日本大震災発生以来、寝る前にニュースをチェックするのが習慣になっています。一昨日の7日も、そろそろ寝ようかなと思ってテレビをつけたところ、震度6強の地震があったという臨時ニュースが入ってきました。すぐにインターネットを接続して、続報を待ちました。そして、この地震が「余震」であることを知りました。さらにこの大きさの余震はまだ続くであろうと・・・。またまた阪神大震災のときのことで恐縮です...

自分の目で見ておかなければならない

東日本大震災が起きてからブログ友達になった方が何人かいます。その中のお一人に、宮城県仙台市にお住まいの言蔵(げんぞう)さんがいらっしゃいます。言蔵さんは老人福祉施設で働いておられます。このたびの震災で不自由な生活を強いられ、また施設の方々のための食料品や物資の確保にかけまわりながら、被災地の様子を発信してくださっています。4月2日の記事には、実際に見てこられた光景を写真と文章で綴られていました。報...

一人ひとりが「地上の星」に

昨日も部屋の中を風が吹き抜けて、気持の良い一日でした。初めてその曲を聴いたときから虜になってしまった歌手と言えば、中島みゆきさんです。「わかれうた」「時代」「根雪」「歌姫」「誕生」「with」「いつか夢の中へ」「糸」「二隻の舟 」・・・ひとつひとつの曲に想い入れがあります。彼女の歌詞は、日常のなにげない風景の一つを、時には激しい言葉で、時には歌詞にはそぐわないような難しい言葉で表現しています。それ...

私達の善意が被災地に届きますように

昨日の朝は曇り空でした。夜中に雷雨があり、かなりの雨が降ったようでした。家の近所で新築工事が行われていて、大雨のたびにそこから土砂やゴミが流れてきます。そのたびに排水溝が土で埋まってしまいます。お向かいの家の排水溝は工事現場とは違う方向から流れてくるので、雨が降ってもきれいな水が流れています。うらやましい・・・。このたびの東日本大震災の被災地支援に、義援金を送られている方も多いことと思います。ここ...

うれしいお便り

昨日は早朝5時半ごろから雷が鳴り、目が覚めてしまいました。雷はそれほどひどくなりませんでしたが、一日中しとしとと梅雨のように雨が降り続けました。おかげでLEVINは朝のお散歩に行けず、「う」もpeeも家でしましたが、その後久しぶりにトイレじゃないところでpeeをしてしまいました。それで、午後はレインコートを着せて小雨の中、お散歩に行きました。昨日の夜、嬉しいコメントが入ってきました。「ロッキー@わ...

with you japan キャンペーン

このたびの震災で被災された方、そして被災地で救援活動をされている方を応援しようと、「with you japan」キャンペーンを始めました・・・と言っても、私ひとりで始めたのですが・・・。今私にできることはブログから元気を送ること、と強く宣言したにも関わらず、心のどこかでは本当にそれで良いのかと葛藤がありました。こういうときにお気楽な記事は不謹慎では?と。もちろん被災地の方のこと、原発のこと、日本の...

励ましの言葉を集めて

日本に住む友人から、日経ビジネスオンラインの記事を教えてもらいました。そこには、このたびの震災に直面して、自分にも何かできないか、手助けをしたいと思っている人々が多いでしょうが、今は寄付と励ましの声を集めることなどで強力して欲しいと書かれています。記事全文はこちらからどうぞ。→☆★☆阪神大震災で被災しながらもボランティア活動にも関わったので、このたびの震災後何かと説教めいたことばかり書いてきました。そ...

まずは私達が元気でいること

東北関東大震災で被災された方々へお見舞い申し上げます。地震が発生した金曜日から、インターネット上で多くの方が支援を呼び掛けています。1995年の阪神大震災のときは、まだそれほどインターネットが普及していなかったので、情報は新聞やテレビが中心でした。それが今ではインターネットを通じて世界中のニュースを知ることができること、まぁ16年もの月日が経っているのですから当たり前と言えば当たり前ですが、時代の...

できることを無理なく

東日本大震災で被災された方々へお見舞い申し上げます。マグニチュード9.0、そのエネルギーは1995年の阪神大震災の1450倍だとか。あの揺れも尋常ではなかったですが、それの1450倍だなんて、想像を絶します。海外に住んでいる私達、そして日本に住んでいても被災地から離れている方々は、この状況において何もできないことにもどかしさを感じています。阪神大震災のときにも、同じような声をたくさん聞きました。昨...

世界中の人々が祈っています

昨日もテレビではずっと地震のニュースを流していました。 漁船が家の間を縫うように流れていく様子、車や建て物を飲み込んですごいスピードで陸を駆けあがる津波の様子に、お願い、そこで止まって!と叫んでしまいました。 アメリカをはじめたくさんの国やNPO、援助団体が救援の準備をしている様子も映っていました。 その中には救助犬の姿もありました。 日本へ向けて飛び立つ様子に、思わず「よろしくお願いします」と手を合...

地震のお見舞い

地震のニュースは、こちらでもずっと流れています。時間の経過とともに被害の詳しい様子が画面上に流れています。何気ない日常が、あっという間に被災地になっていくのを、悔しい思いで観ています。また、阪神大震災のときの経験から、ニュースで報道されなくても被害はいたるところに広がっていることを知っています。私の友人たちは、停電でマンションの扉が開かないので家へ入れないとか、数時間かけて帰宅したとか、それぞれ何...

左サイドMenu

ゆんこです

ゆんこ 描:ゆっきぃさん

2006年6月に乳がんの手術を受けました。
人との出会い、時間を大切に過ごしたいと思っています。

LEVINでしゅ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

作:ちぃたんさん

2008年1月31日、144gで生まれたパピヨンの男の子でしゅ。
上の僕の写真をクリックすると、「にほんブログ村、犬ブログ、パピヨン」部門の今の順位がわかるよ!

お願い

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。 最新記事から一週間以上前の記事にコメントを入れられた場合は、お手数ですがその旨を最新記事のコメント欄でご連絡ください。 それがないと気づかないことがあり、お返事ができない、もしくは遅くなることがあります。 どうぞよろしくお願いいたします。

wish and with you japan

with you japan small full black

カレンダー

<06 | 2017/07 | 08>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

世界の国からこんにちは

世界の国からご訪問ありがとうございます。
ブログを始めたのは2008年3月12日ですが、この「Visitors」は2009年9月4日に設置しました。
free counters

にほんブログ村のランキングです

みなさまの1クリックでランキングが上がります。 毎日たくさんの応援をありがとうございます。

かわいいブログパーツです

Private

右サイドメニュー