素敵な時間を、LEVINと共に。

日々の中で見つけた素敵な出会いを大切にしたいと思っています。

Category [イタリアの遺跡、教会、美術館 ] 記事一覧

カラカラテルメ遺跡のオペラ、アイーダ

7月16日、ローマのカラカラテルメ遺跡で上演されたオペラ「アイーダ」を観てきました。今年はバレエ「ロミオとジュリエッタ」、オペラ「アイーダ」「リゴレット」の3本立てでした。スケジュールを見ると3本ともローマ滞在中に上演される予定でしたが、「リゴレット」はローマを離れる前日の上演で、観ることができませんでした。「ロミオとジュリエッタ」の感想はこちらからどうぞ。→☆★☆「アイーダ」はヴェルディ作曲のオペラ...

カラカラテルメ遺跡でロミオとジュリエッタ

毎年夏の間だけ、ローマのカラカラテルメ遺跡の中に、野外劇場が作られます。火曜日の夜、そこで行われたバレエ「ロミオとジュリエッタ」を観てきました。ジュリエッタ・・・イタリア語ではジュリエットではなくてジュリエッタになります。遺跡をバックにステージが作られています。実は、予約していたのは初日の公演でした。しかし当日になって、「楽団員のストライキにより、本日の公演は中止となりました」とお知らせがきました...

ローマの守護聖人の日

今日6月29日は、ローマの守護聖人の日で、祝日です。ローマの守護聖人は二人いて、サン・ピエトロとサン・パオロです。サン・ピエトロ(ペテロ)は漁師でした。イエス・キリストに声をかけられて、一番弟子となった人物です。それなのに、イエス・キリストから「あなたは私を知らないと3度否定するでしょう」と予言されました。左から二人目がイエス・キリスト、右の白髪に白いひげを生やしているのがピエトロです。以下2枚の...

白亜の館、ボルゲーゼ美術館

昨日、イタリアを離れる前にぜひ訪れておきたい場所のひとつ、ボルゲーゼ美術館へ行ってきました。これがボルゲーゼ美術館の正面です。写真は昨年2月にLEVINとボルゲーゼ公園をお散歩していたときに写したものです。今は美術館になっていますが、元々はボルゲーゼ家の荘館でした。ボルゲーゼ家は教皇や枢機卿を輩出した名家で、特に教皇パウルス五世はサン・ピエトロ大聖堂の正面のファサードを改修したり、クイリナーレ宮殿...

カタコンベ-死者に見守られて

アッピア旧街道には、Catacombe-カタコンベと呼ばれる、地下の共同墓地があります。一般に公開されているものは、San Callisto-サン・カリスト、Domitilla-ドミティッラ、そしてSan Sebastiano-サン・セバスティアーノです。いつもLEVINとのお二人様コースで行くお散歩は、サン・カリストのカタコンベの敷地内を歩いています。カタコンベについて、簡単に説明します。キリスト...

あまりにも美し過ぎて

ローマの教会お遍路、ぼちぼち行き始めています。今日のご紹介は、San Lorenzo Fuorei le Mura-サン・ロレンツォ・フォーリ・レ・ムーラ教会です。教会の名前の通り、聖ロレンツォ(または聖ローレンス)を祀っています。少しだけ聖ロレンツォについて書きます。ロレンツォはスペインで生まれ、敬虔なクリスチャンの両親の元で育てられました。その後ローマに来て教皇に仕え、教会の財産を管理する仕事に就...

ローマの教会お遍路を始めます

家にあった小さなローマのガイドブック、この表紙を何気なく見て、ぎょっとしました。 そこには「241の教会・・・」と書かれています。このガイドブックで紹介されているのは、全体のほんの一部だと思います。 その241の教会の内、いくつ訪ねたかしらと思ってガイドブックをぱらぱらとめくってみたところ、教会の名前を見て、その内部が鮮明に思い出されるものは20か所位でした・・・。私は旅行の行き先も、レストランも...

カラヴァッジォ展

ローマで、カラヴァッジォ展が開催されています。カラヴァッジォ・・・本名はMichelangelo Merisi-ミケランジェロ・メリージは、1571年にミラノ近郊のカラヴァッジォ村で生まれました。カラヴァッジォというのは通称だったのですね。この展覧会へ行くまで知りませんでした。レオナルド・ダ・ヴィンチは「ヴィンチ村のレオナルド」さんなので、カラヴァッジォも「カラヴァッジォ村のミケランジェロさん」と...

一人歩きができる喜びを感じて

アヴェンティーノの丘には、先日ご紹介したサンタ・サビーナ教会の他にも、近くにいくつか古い教会が並んでいます。その一つ、Ss. Alessio e Bonifacio-サン・アレッシオ教会も5世紀頃の建物なので、ぜひ入ってみたかったのですが、この日こちらの教会で炊き出しが行われていて、大勢の人が並んでいました。横を通って中に入れるようでしたが、ちょっと遠慮してしまいました。また来ます。帰り道、バラ園の...

鍵穴の向こうには・・・

アヴェンティーノの丘には、有名な扉があります。これがその扉です。みんな、扉に顔を近づけています。LEVINも顔を近づけています。LEVINくん、何しているの? お母しゃんが僕の顔を扉に近づけたでしゅ。実は、LEVINが顔を近づけているところ、そこには鍵穴があります。その鍵穴を覗くと・・・。何かわかりますか?実は鍵穴の向こうに広がる庭園のさらに向こうに、ヴァチカンの聖ピエトロ大聖堂のクーポラが見えて...

5世紀に建てられた教会

ローマの街には7つの丘があります。7つの内の一つに、Aventino-アヴェンティーノの丘があります。そこに皮膚科が入っている病院があります。いつも診察が終わったらすぐに帰っていたので、先日カメラを片手に散策しました。というのも、ぜひ行ってみたい教会があるのです。Basilica Santa Sabina-サンタ・サビーナ教会です。5世紀に建てられた教会です。何が見たかったかと言うと、この教会の窓は...

お願い、バンビーノさま!

ローマには「願い事を聞いてくれる」という聖人が何人かいらっしゃいます。その中の一つ、S.Bambino-バンビーノさまに会いに行ってきました。Santa Maria in Aracoeli-サンタ・マリア・イン・アラチェリ教会です。教会は右側の茶色の建物、左の白い建物はヴィットリオ・エマニュエレ二世記念堂です。この急な長い階段を上がります。以前は階段の上に「開いています」「閉まっています」の表示が掲...

守護聖人との出会い

ローマのヴェネツィア宮殿美術館で開催されている「守護聖人展」へ行ってきました。会場のヴェネツィア宮殿美術館です。写真をよく見るとおわかりになると思いますが、建物の手前部分は改築中のため、足場を組んだところに落下防止のためのネットが貼られています。こちらでは景観を守るため、このように元の様子を描いたカバーで覆うことが多いです。味気のないネットよりも楽しいですね。この展覧会、会期が明日までなのと、開催...

ローマで広重展

ローマのコルソ通り沿いにあるPalazzo Cipollaで広重展が行なわれています。 広重と言えば、東海道五十三次を一番に思い浮かべますが、今回の展覧会では自然を題材にしたもの・・・花や鳥を中心にそろえた「The World of Nature」のコーナーが充実していました。そのほとんどが初めて見る版画ばかりで、細かな線、色使いに圧倒されました。また、一枚の作品を仕上げるのに何枚もの版木を用意するこ...

イエズス教会とフランシスコ・ザビエル

日本に馴染みのある宣教師、と言えばフランシスコ・ザビエルではないでしょうか。 そのザビエルが所属していたイエズス会の元本部大聖堂がローマにあります。 月曜日にそちらへ行ってきました。 イタリア語ではIL GESÙ、ジェス教会と呼ばれています。 大聖堂の入り口にはイエズス会のシンボルマークが大きく掲げられています。 なかなか堂々とした内部です。どこにいても自然に祭壇に目がいくようにと設計されているそ...

カラカラテルメ遺跡での野外オペラ

先週の金曜日、カラカラテルメ遺跡で上演されたオペラ「トスカ」を聴きに行ってきました。 先週は月曜日から毎日40度近くまで気温が上がっていたので、夜もそれほど気温が下がりませんでした。本来なら終演の頃には寒いくらいだと聞いていましたが、その心配がなかったので、ノースリーブのワンピースにショールという装いで出かけました。エリザさんも同じでした。 エリザさんの話では、総監督のPaolo Olmiという方は...

ローマ観光案内

今日はローマの観光案内をします。昨日、ローマの街のとても眺めの良い建物へ行く用事がありましたので、そこの屋上からローマの街を写真に収めてきました。今週の月曜日から気温がぐんぐん上がっていて、今日が最高に暑くなると言われていますが、昨日も40度近くまで上がりました。だから数分写真を撮るために太陽の下にいただけですが、もう溶けてしまいそうでした・・・。まずはカラカラテルメ浴場跡です。今週の金曜日にエリ...

天上の園のモザイク

先週の金曜日、動物パスポートが期日どおりにできていたのが嬉しくて、そのまま少し街中を歩きたくなりました。 サン・ジョバンニ・イン・ラレラーノ大聖堂から、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂へ向けて歩く途中に、サンタ・ブラッセーデ教会があります。ここは、皇帝ネロの時代にキリスト教徒をかくまった罪で殉教し、井戸に葬られた聖女ブラッセーデを祀る教会です。9世紀に建てられました。 観光客がいなかったら、見落と...

ヴァチカンへ行ってきました

月曜日の午後、ヴァチカン近くに用事があって出かけたので、ついでに(というとクリスチャンの方に失礼ですが)ヴァチカンに寄ってきました。 LEVINはお留守番でしたので、この日は聖ピエトロ大聖堂に入りました。 ミケランジェロの「ピエタ」像です。何度見ても心が引き締まります。 ミケランジェロ作のピエタ像はいくつかありますが、私はこのピエタ像が一番好きです。 大聖堂の中はクリスマスミサの準備のため、歩ける範囲...

バチカンのクリスマスはまだ準備中

昨日のナボナ広場の続きです。文句ばかり言っているLEVINを無視して、その足でバチカンへ行きました。イエス・キリスト像が置かれていないプレゼピオの写真をブログ用に撮りたかったからです!そう、取材目的で・・・。  写真を撮ったら帰るでしゅ。まだすねている・・・。サンピエトロ広場には、毎年大きなクリスマスツリーが立ちます。今年はオーストリアからの寄付だそうです。高さは33m。過去最高の高さだそうです。...

トレビの泉へ行ってきました

先日行った美容院がトレビの泉の近くでしたので、せっかくなので帰りがけに寄ってきました。わが家からバス1本で行けるのですが、住んでしまうとなかなか行かないものです。2006年12月にローマにきてから初めてです。トレビの泉と言えば、後ろ向きになってコインを投げると必ずローマに戻るという言い伝えがあります。私が初めてここでコインを投げたのは、1996年。結婚前に母との独身最後の旅行で来たときです。そのと...

ピサの斜塔

Massaの街をあとにして、ローマへ向かう途中「ピサ」の標識がでてきました。 ピサへは前回ローマに住んでいたときに行きましたが、ちょうど昼時になるし、ランチをするために急遽立ち寄ることにしました。 さすが高速道路の出口はドイツやスイスナンバーの車がたくさんいて、さすが世界の観光地であることを再認識しました。 二回目とは言え、こちらも実物を目の前にすると、その傾斜ぶりに圧倒されました。なんだか7年前よ...

Appia Antica

Appia Antica-アッピア街道-は、ローマの城壁の「Porta San Sebastianoから南に延びている道で、先端はイタリア半島東側の港町、Brindisiまで続いています。「すべての道はローマに通じる」の、あの道です。 この道沿いには数多くの遺跡だけではなく、豊かな自然にあふれていて、地元の人の散歩道にもなっています。 私達の家からも近いので、休日にはよく歩きます。 下の写真は水道橋です。古いも...

左サイドMenu

ゆんこです

ゆんこ 描:ゆっきぃさん

2006年6月に乳がんの手術を受けました。
人との出会い、時間を大切に過ごしたいと思っています。

LEVINでしゅ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

作:ちぃたんさん

2008年1月31日、144gで生まれたパピヨンの男の子でしゅ。
上の僕の写真をクリックすると、「にほんブログ村、犬ブログ、パピヨン」部門の今の順位がわかるよ!

お願い

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。 最新記事から一週間以上前の記事にコメントを入れられた場合は、お手数ですがその旨を最新記事のコメント欄でご連絡ください。 それがないと気づかないことがあり、お返事ができない、もしくは遅くなることがあります。 どうぞよろしくお願いいたします。

wish and with you japan

with you japan small full black

カレンダー

<04 | 2017/05 | 06>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

世界の国からこんにちは

世界の国からご訪問ありがとうございます。
ブログを始めたのは2008年3月12日ですが、この「Visitors」は2009年9月4日に設置しました。
free counters

にほんブログ村のランキングです

みなさまの1クリックでランキングが上がります。 毎日たくさんの応援をありがとうございます。

かわいいブログパーツです

Private

右サイドメニュー