素敵な時間を、LEVINと共に。

日々の中で見つけた素敵な出会いを大切にしたいと思っています。

Entries

行きは遠い、帰りは近い(裏磐梯・那須 2019.08.07-09 vol.7)

五色沼の表情はそれぞれ違っていました。

昨日の記事にも書きましたが、沼の際まで降りていけるもの、展望台から全体が見渡せるもの、樹々の向こうにやっと沼があることがわかるものなどいろいろでした。
でも今それらの写真を見返しても、その沼がなんという名前だったのかわからないものも・・・。

探索路を歩き始めたときは歩いている人がたくさんいたものの、いつの間にか人が減り、そしてまた増え始めました。
どうやら終点が近いようでした。

とにかく休みたい。
すると「ワンちゃんと一緒にどうぞ」と書かれた看板を見つけました。
小さな茶店でした。

椅子とテーブルの高さが合わないお席でしたが、そんなことは気にしません。
田楽とお蕎麦のセットを頂きました。

20190817 dengaku

私たちは出発点に車を置いてきたので今来た探索路を戻らないといけませんが、ほとんどの方は探索路の一部だけを歩いているようでした。

そこに道があれば全部を歩きたい私たち。
お腹を満たしたので戻ることにしました。

20190808_114027 266 O2

この沼の水際にある樹木の先が白くなっていました。

遠くから見ると花のように見えましたが、葉っぱでした。
水質にケイ素・アルミニュウムなどの成分が含まれていて、葉が水にぬれると脱色され白くなるそうです。

最初にボートに乗った毘沙門沼には鯉が泳いでいました。
この沼は魚が住めないそうです。
と言うことは、これらの沼は地下でつながっていないということかなと思います。

20190808_112714 261 O2

今年の7月にクマがでて怪我をされた人がいるそうです。

入り口でお借りしたクマ鈴、よく働いてくれました。

20190808_122005 275 O2

リュックの中もそれほど楽ではなさそうなので、時々降ろしてLEVINものびのびぃ・・・じゃなくてぶるぶるぅ!

20190808_122123 276 O2

絵に描いたような入道雲。

20190808_123617 280 O2

ここはマレーシア?と思うくらいの大きなシダ。

20190808_125652 281 O2

行きは「まだぁ?」と思うくらい遠かったですが、帰りは風景がわかっているので早く戻っているような気がしました。

なのでちょいちょいLEVINをおろして記念写真です。

20190808_122132 278 O2

出発点に戻りました。

クマ鈴を返して、桃サイダーで一服です。
LEVINも、LEVINをほとんど背負っていた夫、お疲れ様でした!

20190808_133324 286 O2

LEVINでしゅ。

探索路は一本道なんだから、行ったら帰るというの、わかってるじゃない!
まぁね、下調べをしないお母しゃんたちにはあるあるだね。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

公園を守るためにLEVINを歩かせない(裏磐梯・那須 2019.08.07-09 vol.6)

五色沼には「五色沼自然探勝路」というハイキングコースがありました。

全長3.6km、1時間くらいで歩けそうということで歩き始めました。
出発はボートに乗った毘沙門沼です。

20190816 map

ビジターセンターにクマ避けのための鈴の貸し出しがありました。

もちろんお借りしましたよ。

20190808_134330 289 O2

歩き始めは鬱蒼とした木立の中でした。

樹木の間から沼が見えていて、そこには鯉が泳いでいました。
写真の中にもいるの、見えますか?

20190808_100443 224 O2

LEVINはまたまたリュックの中です。

20190808_100540 227 O2

上の記事からもわかるように、沼は探索路のすぐそばにあるものもあれば、少し離れたところにあるものも。

特に夏場は樹々の葉が茂り、植物も伸びて沼が見えにくくなったりしています。
それがまた幻想的でした。
何事も全てが見えてしまうとつまらないですからね。

20190808_102416 232 O2

木立の中の探索路とは言え、結構暑かったです。

そんな私たちを尻目にリュックの中で笑顔のLEVIN。

20190808_103210 235 O2

弁天沼です。

私の写真からは伝わりませんが、弁天という名前が付けられているだけあって美しい沼でした。

20190808_110356 243 O2

私はLEVINを歩かせたかったのですが、心配性の夫はやれ足場が悪いとかですぐにリュックに入れていました。

まぁね、ダニなんかもいそうですからね。
それにリュックを背負うのは夫だし・・・。

20190808_105337 241 O2

探索路のハイキングの話、続きます。

LEVINでしゅ。

お父しゃんは僕が公園内でpeeをするのを避けたかったんだって。
せっかく僕たちが入れる公園がpeeや「う」の放置で入れなくなるといけないからね。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

いつものように下調べをしない旅(裏磐梯・那須 2019.08.07-09 vol.5)

旅行二日目。

お宿の前でオーナーさんに写真を撮ってもらいました。
お食事がおいしかったし、清潔感のあるお宿でした。
またいつか訪れたいと思います。

20190808_085448 182 O2

お宿を後にして、五色沼へ向かいました。

正確には「五色沼湖沼群」と言い、2016年にミシュランの「グリーンガイド」の1つ星に認定されているそうです。
五色沼という名前から沼が5つあるのかと思ったら、様々な色合いがあることから「五色」と呼ぶのだとか。

こういうことも事前に調べたのではなく、現地へ行って初めて知りました。

20190808_091013 185 O2

こちらは五色沼の中で一番大きな「毘沙門沼」です。

沼底が見えるほど水が澄んでいました。
奥に見えているのは磐梯山です。

20190808 339

こちらではボートに乗れました。

新入社員のとき、会社のレガッタ試合で優勝したことがある私。
ボート漕ぎは得意ですが、ここは夫を立てて「お客さん」になりました。

沼の真ん中辺りまで行っても底が見える所があって、きれいなだなと思うのと同時に、底から何かが出てくるんじゃないかって真夏らしい想像もしたりして、湖面をわたる風が気持ち良かったです。

20190808_092433 194 O2

 お父しゃん、がんばれ!

20190808_094155 213 O2

久しぶりに手漕ぎボートに乗って、楽しい旅行二日目の始まりとなりました。

20190808_094914 217 O2

LEVINでしゅ。

うふふ、お父しゃんは最初なかなか真っすぐに進めなくてね。
お母しゃんに「右漕いで!」とか「左休んで!」とか言われてたよ。
でも10分もしたら慣れてきて、行きたい所に行けるようになってた。
お父しゃん、お疲れ様!


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

お宿の食堂での大合唱はダメ!(裏磐梯・那須 2019.08.07-09 vol.4)

旅行一泊目のお宿へ到着しました。

これまでの旅行は犬友さんたちから評判を聞いて行くことが多かったですが、今回のお宿はインターネットのサイトで探しました。
だからちょっと心配だったけれど、手入れされたドッグランを見て不安は一掃されました。

20190807_165421 157 O2

ほとんどリュックの中だったとは言え、山登りで多少は疲れていると思うLEVINでしたが、ドッグランで弾けていましたよ。

20190807_165040 119 O2

LEVINと違って私は足が痛くて疲れもありましたが、この笑顔でそれも癒されるというものです。

20190812 footloose

お食事はフルコース料理でした。

ナイフとフォークの並べ方にちょっと驚きました!

20190807_183717 166 O2

食事中よく吠えるワンちゃんがいました。

オーナーさんがお料理を運んでくると吠える、お客さんが動くと吠える、でした。
そのワンちゃんが吠えると他のワンちゃんも一緒になって吠えて大合唱になり、それはそれはうるさかったです。

お宿によっては、あまりに吠えるワンちゃんは部屋で留守番させてくださいとか、場合によってはお泊りをお断りしますという規約があったりします。
でもこちらのオーナーさんはそのワンちゃんがどんなに吠えても何も言わないし、飼い主もお部屋に戻ろうとしませんでした。
他のテーブルのお客さんもその様子に苦笑いをしていました。

たまたまですが、LEVINは大合唱に参加しませんでした。
その様子を見ていた隣のテーブルの方から「偉いですねぇ」と褒めてもらいました。

その理由はわかっています。

20190807_191917 173 O2

LEVINが興味あるのは大合唱ではなく、テーブルの上のお料理!

20190807_192138 175 O2

そんな可愛い顔をしても貰えないよ!

20190807_193259 177 O2

LEVINでしゅ。

食堂での大合唱以外は満足のお宿だったみたいだよ。
また季節を変えて訪れたいんだって!


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

お鉢めぐり(裏磐梯・那須 2019.08.07-09 vol.3)

雷が止んだので、再度吾妻小富士を登り、お鉢を歩き始めました。

LEVINも歩かせるつもりでしたが、結構足元が悪くてほとんどの時間をリュックの中でした。

20190807_141857 061 O2

お鉢も結構高低差がありました。

次の写真の黄色い矢印の先に人が歩いているのが見えるでしょ?
改めて、ここで雷が鳴り始めたら逃げ場がないことがわかります。

私たちが一度目に登ったときそばにいた人たちは、そのままお鉢を歩いたようでした。
結果的には大丈夫だったけれど、やはりあの場合は下山が正解だったと思います。

20190807_142643 069 O2

持っていた傘の柄にトンボが停まりました。

20190807_142040 066 O2

ところどころLEVINを下ろして写真を撮りました。

リュックは楽なようだけど、こちらが歩くたびに揺れるので案外辛いのかも。
降ろすと嬉しそうでした。

20190807_143401 076 O2

釣鐘の形をした青いのがヒメシャジン、白いのはヤマハハコです。

20190811 flower

ゆっくりとお鉢めぐりを堪能して、心おきなく吾妻小富士を下山しました。

20190807_144228 084 O2

LEVINでしゅ。

お母しゃんが傘を持ってたのは杖替わりなんだよ。
次回からはちゃんとスティックを持ってってね!


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

左サイドMenu

ゆんこです

ゆんこ 描:ゆっきぃさん

2006年6月に乳がんの手術を受けました。
人との出会い、時間を大切に過ごしたいと思っています。

LEVINでしゅ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

作:ちぃたんさん

2008年1月31日、144gで生まれたパピヨンの男の子でしゅ。
上の僕の写真をクリックすると、「にほんブログ村、犬ブログ、パピヨン」部門の今の順位がわかるよ!

お願い

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。 最新記事から一週間以上前の記事にコメントを入れられた場合は、お手数ですがその旨を最新記事のコメント欄でご連絡ください。 それがないと気づかないことがあり、お返事ができない、もしくは遅くなることがあります。 どうぞよろしくお願いいたします。

wish and with you japan

with you japan small full black

カレンダー

<07 | 2019/08 | 09>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

世界の国からこんにちは

世界の国からご訪問ありがとうございます。
ブログを始めたのは2008年3月12日ですが、この「Visitors」は2009年9月4日に設置しました。
free counters

にほんブログ村のランキングです

みなさまの1クリックでランキングが上がります。 毎日たくさんの応援をありがとうございます。

かわいいブログパーツです

Private

右サイドメニュー