素敵な時間を、LEVINと共に。

日々の中で見つけた素敵な出会いを大切にしたいと思っています。

Entries

ハーブパックで、さらふわつや!

先週は一か月に一度のプロによるシャンプーディでした。

Mちゃん宅に着くと、しばらく興奮状態が続くLEVINです。
それをMちゃんは無理にやめさせません。
LEVINが落ち着くまで待ってくれます。

20181017_132028 004 O1

シャンプー前に爪を切って、肛門絞りもしてもらいます。

20181017_132855 008 O1

今回は通常のシャンプーに加えてハーブパックもしてもらいました。

3月にインターペットに行ったときにハーブパック用のハーブを買いました。
それを自宅でシャンプーをするときに少しずつ使っていますが、なにしろお徳用を買ったのでなかなかなくなりません。
そこでハーブを持参してパックをしてもらうことにしました。

結構どろどろ・・・。

20181017_132912 009 O1

そのハーブを丁寧に身体に塗っていくのですが、毛先には付くけれど肌にまで塗るのは大変そうでした。

20181017_133359 021 O1

このハーブ、おいしいらしいです。

自分の手先に付いたハーブを舐めるだけではなく、Mちゃんの腕に付いたハーブもきれいに舐めてしまいました。
もちろんMちゃんは何度もやめさせようとしましたが・・・。

20181017_133424 023 O1

Mちゃんを見つめるLEVIN。

20181017_133718 026 O1

パックよりも大変なのは洗い流すことです。

パックをしたら少しの時間おきます。
でも長くおきすぎると固まってしまいます。

ぱっと見には流れたようでも何となく緑っぽくて、また洗ってということを繰り返していました。

20181017_140524 031 O1

そうやって「仕上がった」LEVINの毛は、文字通り抜けるような白さでした。

あまりにも白くて、もったいなくて、家に帰るときに地面に下ろすことを躊躇しました・・・が、そういう私の気持ちを知ってか知らぬか、家に帰るなりおもちゃを咥えて走りまわり、さっそく耳毛と胸毛はべとべとになってしまいました。
いつもは「あぁ~」で終わるところ、今回はすぐに櫛でとかしましたよ。

毛はさらさらで、ふわふわで、つやつやでした!

20181017_160030 043 O1

LEVINでしゅ。

シャンプーをしてお家に帰った後は櫛を持ったお母しゃんに追いかけ回されてたのに、翌朝の散歩では公園で転げ回って遊ばせてくれたよ。
なんか心境の変化?


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

「伏せ」ての集合写真

引越てきてからの散歩は、①公園、②河川敷、③住宅街の中の三通りがあるのですが、最近はもっぱら①の公園へ行っています。

河川敷も緑がたくさんありますが、公園は木が植えてあったり花が咲いていたり、木陰にテーブルと椅子があったりして楽しいですね。
少しずつ犬友さんも増えてきました。

先日も犬友さんたちと遊んでの帰りがけに、先日ご紹介したケアンテリアのミシェルちゃんと、今年の夏ごろに知り合った同じくケアンテリアのきづなちゃん、しづくちゃん姉妹と会いました。
ミシェルちゃんときづな・しづくちゃん姉妹は以前からお友だちで、私は個別にそれぞれと知り合っていたので、これでやっと全員が繋がりました。

左からきづなちゃん、しづくちゃん、LEVIN、ミシェルちゃんです。

1539826983887.jpg

座った集合写真はよくあるけれど、次の写真のような伏せての集合写真はあまり撮りません。

と言うのも、なかなか伏せた状態で「待て」ができないからです。
でも今回は全員お利口さんでした!

あらら、なんだか順番が入れ替わってる?

1539826966554.jpg

LEVINでしゅ。

この日お母しゃんはおもちゃを持って行くのを忘れたんで、ミシェルちゃんたちのおもちゃを横取りして遊んだよ!
お母しゃん、今度はちゃんと持って来てね!!


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

「いのち」と「祈り」(蔵王・平泉 2018.10.13-14 vol.6)

今回の旅行の一番の目的は、毛越寺で開かれていた長友心平さんの作品展を観ることでした。

長友心平さんはカラフルな色使いで動物の絵を描くことで有名です。
9月に放送が終わったNHK朝の連続ドラマ「半分、青い。」で、漫画家の秋風先生のアトリエの壁に架けられていた4枚のわんちゃんの絵も長友心平さんの作品です。
その作品はこちらの「2階 リラクゼーションルーム」のコーナーでご覧になれます。→☆★☆

長友心平さんには一度LEVINの絵を描いていただいたことがあり、それ以来FBをフォローしていました。

そんなある日、FBにまったくタッチの違う絵が掲載されました。
黒いペンだけで描かれたその絵は悲しくて、辛くて、心がぎゅっと締め付けられるような感覚に陥りました。
それは中東のある国で起きた、遠足に出かけていた子ども達を乗せたバスが誤爆され、犠牲になった子ども達の親の悲しみを描いたものでした。

朝元気に出かけていった子ども達が、大国の思惑の元に無残に命を落として突然目の前から消えた。
そしてその尊い命は戦争という名のもとに葬られ、ことの真相は闇の中に。
残された家族の悲しみと怒りはどこにぶつけたらよいのか。

そういう事実に接して私たちは何ができるのか。
それは「祈ること」。

「祈り」はどんな兵器よりも強い・・・。

長友心平さんにすぐに連絡をすると、ご自身の根底にあるのは社会の悲しみを描くこと、と言われました。
カラフルな犬の絵のイメージが強かっただけに長友心平さんの画家としての真摯な姿に接し、今回の作品展をぜひ観たいと思ったのです。

本来は違う日程で違う場所への旅行を計画していました。
ところが都合でその日程では出かけられなくなり、そのおかげで作品展の最終日に伺うことができました。
これも何かのご縁だと思いました。

20181014_124329 020 O2

極楽浄土の観音菩薩像です。

20数体の観音様と共に、地蔵菩薩も描かれていました。
海とも空とも見える深い碧色が印象的でした。

20181014_134424 077 O2

屏風絵の前には和紙のオブジェが置かれていました。

これはその生き物の一生を高さで表しているそうです。
一番高いのは生まれたとき、そして一番低いのは晩年を表しています。

20181014_134520 079 O2

「ほとけ犬」のオブジェ。

これは可愛かったです。
LEVINも天国に行ったら、こんなふうに大仏さまのようなヘアスタイルになるのかな?

20181014_134528 080 O2

薬師観音像も描かれていました。

逆光で撮られた写真なので当たり前ですが、絵の後ろに後光が差しているように見えます。

20181014_134634 081 O2

今回の作品展は「いわてアートプロジェクト」というNPO法人の主催でした。

会場にはそこの代表の方もいらして、「東北は死と生が隣り合わせ」というお話を伺いました。

東日本大震災が起きたとき私はマレーシアにいて、テレビに映し出される悲惨な映像にただただ声を失うだけでした。
気が付いたら画面に向かって手を合わせていました。
それは被害に遭われた方々の「いのち」への「祈り」でした。

長友心平さんが描かれた観音菩薩の絵には、今まさに天に昇ってきた命が蓮の花から観音菩薩の手に受け止められるような場面が描かれていました。
極楽浄土へ行くときはこの世での「いのち」を終えてからと思われていますが、実は「いのち」は極楽浄土へ行っても繋がっているのだと思えてなりません。

LEVINでしゅ。

僕も長友心平先生にお会いしました。
長友先生の益々のご活躍をお祈りいたしましゅ。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

蔵王から北上して平泉へ(蔵王・平泉 2018.10.13-14 vol.5)

旅行二日目です。

蔵王の御釜は午前中だときれいに見られる可能性が高いと聞き、お宿を早く出て見に行こうかと思っていましたが、おいしいお食事、お宿のオーナーさんご夫妻や泊まっていたお客さまたちとおしゃべりをしていたら9時になっていました。
この日は平泉まで行って、その日の内に東京まで戻らないといけないので、御釜は次回のお楽しみにということで平泉へ向けて出発しました。

宮城県、山形県はこけしの産地です。
こうしてみるとこけしも可愛い!

20181014_092735 003 O2

お宿でご一緒した方から、この辺りは里芋の産地で、その方はお隣の県に住んでいるのでここまで里芋を買いに来るそうです。

お宿の近くの農協では収穫祭のようなものが開かれていました。
里芋もたくさんありましたよ。

かめたん 1138

平泉へは高速道路で約2時間かかります。

SAのドッグランで休憩。

20181014_113456 010 O2

そして今回の旅の最大の目的地、平泉に到着しました。

平泉と言えば中尊寺ですが、訪れたのは毛越寺です。
「もうつうじ」と読みます。

毛越寺の開山は850年。
中尊寺とともに藤原氏とも深い繋がりがあるお寺のようです。
詳しいことはこちらからどうぞ。→☆★☆

かめたん 1141

紅葉はまだ始まったばかりでした。

20181014_124759 023 O2

お庭は大泉が池を中心にして、多くの遺構がありました。

かつては全国から多くのお坊さんが集ってここで修行をしたそうです。
また松尾芭蕉直筆の「夏草や 兵どもが 夢の跡」の句碑も境内にあります。

この日は曇り空でしたが風がなく、大泉が池の水面が鏡のようになっていました。

20181014_125137 024 O2

境内にあった地蔵菩薩像です。

地蔵菩薩は歩いて人々の元へ行くので立ち姿が多いですが、こちらのお地蔵さんは座っていました。
歩き疲れてちょっと一息ついている所なのかな?

20181014_130544 033 O2

境内の菖蒲園にいた赤とんぼ。

20181014_132050 075 O2

毛越寺は犬はバッグインしていれば入れます。

観光客の方から「わんちゃんが入っている!」と声がかかるとバッグの中から愛想を振りまいていましたが、誰もいなくなるとぶーたれ顔でした。

20181014_131141 043 O2

LEVINでしゅ。

「毛越寺」の「毛」は伝説によると白鹿の毛なんだって。
毛を越えるお寺って・・・ねぇ、なんか気になるねぇ、関西のドンしゃん・・・。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

シンプルだけど居心地が良かったお宿(蔵王・平泉 2018.10.13-14 vol.4)

今回の旅行は出発の2日前に決めました。

なのであれこれお宿を探す時間がなくて、天然温泉があるペンションにしました。
住所は「遠刈田温泉」。
これ、「とおがった」と読みます。
現地に行くまでそれを知らなくて「とおかりた」と読んでいました。

ペンションの近くにいちじくの木がありました。
幼い頃住んでいた家の庭にいちじくの木があり、毎年たくさんの実が生っていました。
とてもおいしかったそうです。
「そうです」と言うのは、私は一個も食べなかったからです。

話せば長くなるのですが、もっと幼い頃に住んでいた家に桃の木がありました。
ある日母が桃を切っているのをそばで見ていたら、種の中からくねくねとした虫が出てきました。
それを見たとたん、その桃は食べられなくなりました。

その経験があるので、いちじくにも虫が付いていそうで食べられなかったのです。
そしてそのまま、いちじくは食わず嫌いになってしまいました。
ドライフルーツのいちじくは大好きなんですけどね。

20181013_160347 160 O2

お宿はとてもシンプルで、お風呂、お手洗いは共同でした。

それは予約をしたときからわかっていてちょっとイヤだなぁと思いましたが、それほど不便ではありませんでした。
お風呂は天然温泉で、その夜はベッドに入ったとたん寝てしまいました。

お食事は地元の食材を使ったもので、お腹にとても優しかったです。
豚しゃぶ鍋が用意されていて、お皿にはリボン状に切った大根が添えられていました。
それを豚と一緒にしゃぶしゃぶにして食べるのですが、これがおいしかったです!

写真の手前にあるハンバーグはお肉ではなくサーモンでした。
また、この辺りの特産である「温麺(うーめん)」も初めて食べました。

20181013_180111 165 O2

こちらのお宿は元々はスキー客用で、ペットのために特別なものは何もありませんでした。

だけど食堂には一緒に連れて行くことができました。
私たちがお宿を決める条件の一つは、お食事のときにLEVINと一緒にいられることです。
部屋で留守番はかわいそうですから。

写真は朝食です。
朝から和食は苦手ですが、野菜中心でこちらも完食しました。

かめたん 1136

お宿のオーナーさんは元々は蔵王のスキースクールのコーチだったそうです。

私も20代の頃はスキーを楽しんでいましたが、すっかりご無沙汰です。
その話をすると、スキーはいくつからでも始められるスポーツで、基礎からしっかりと学べば必ずすいすいと滑られるようになるとのこと。
もしスキーを再開するのならこちらで、と思いました。

20181014_075423 002 O2

LEVINでしゅ。

この日は3組泊まっていて、僕のほかに犬が2匹、猫が2匹いたよ。
みんな可愛かったぁ!
オーナーさんによると、これまでにフェレット、うさぎ、小鳥、そして亀しゃんも泊まったことがあるんだって。
楽しそうだね。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

左サイドMenu

ゆんこです

ゆんこ 描:ゆっきぃさん

2006年6月に乳がんの手術を受けました。
人との出会い、時間を大切に過ごしたいと思っています。

LEVINでしゅ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

作:ちぃたんさん

2008年1月31日、144gで生まれたパピヨンの男の子でしゅ。
上の僕の写真をクリックすると、「にほんブログ村、犬ブログ、パピヨン」部門の今の順位がわかるよ!

お願い

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。 最新記事から一週間以上前の記事にコメントを入れられた場合は、お手数ですがその旨を最新記事のコメント欄でご連絡ください。 それがないと気づかないことがあり、お返事ができない、もしくは遅くなることがあります。 どうぞよろしくお願いいたします。

wish and with you japan

with you japan small full black

カレンダー

<09 | 2018/10 | 11>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

世界の国からこんにちは

世界の国からご訪問ありがとうございます。
ブログを始めたのは2008年3月12日ですが、この「Visitors」は2009年9月4日に設置しました。
free counters

にほんブログ村のランキングです

みなさまの1クリックでランキングが上がります。 毎日たくさんの応援をありがとうございます。

かわいいブログパーツです

Private

右サイドメニュー